2018年7月 9日 (月)

大きな爪痕を残して梅雨明け

今回の大雨により各地で甚大な被害が発生しました。。そして、各地に大きな爪痕を残して梅雨明け。例年なら待ちわびた梅雨明けですが、心から喜べない梅雨明けになりました。

20180709_dscn1255


天気が急に好転し梅雨明けになった中で人命救助にあたられている方には感謝の念でいっぱいです。先週末に高速道路のサービスエリアで大阪消防局の多数の車両と隊員さんを見かけましたが、大阪といえば先日の大地震で大変だと思うのですが、そんな中でも救助活動に駆けつけていただいている姿には、ジーンとくるものがありました。各地から災害救助で派遣されている自衛隊や消防等の方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Img_20180707_172856


広島県内では通行止めが9日時点で約400ヶ所あるとラジオ放送で流れていました。高速道路は山陽道が一部区間で通行止めで復旧までには一週間前後かかるらしいです。また、今朝になって中国道は全線開通したようですが、山陽道が使えないことから、いつもより数倍の車両が走行している感じでした。あと一週間前後は、東西の流通の大動脈になりそうで、こういう時だからこそ交通事故による通行止めが発生しないことを強く祈ります。

JRも土砂災害、鉄橋の崩落により一部で復旧が長期化する被害を受けており、バスも一部で運行されていない状況。交通機関はガタガタです。

物流がガタガタになっているので、他の地方から宅急便とかで送られても、既に大幅な遅延が発生しているので簡単には届かない感じです。事実、私も災害発生直前に発送された荷物が依然として中継地で止まっている模様。まぁ、腐ったりするものではないので待てますけど・・・。

復旧には長期間を要すことが明確な災害発生のなかでの梅雨明けになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

Pentium Gold G5600を購入

最近になってWindows10が稼働するPCが必要になったので、1台組み立てることにしました。ただ、負荷のかかる処理は比較的少ないことから、価格を抑えて進めることにしましたが、安定性は追及するので、ケチってはいけない部品はケチりません。

CPUは、Core i3あたりで考えていましたが、現行のore i3は前世代のCore i5クラスのスペックになっているし、予算的に不足することから、全世代のCore i3程度の性能を有しているPentium Gold G5600を購入することにしました。ネットで探していると新品は1万円を超えるんですが、じゃんぱらのホームページに未開封品が税込9千円ほどで販売されているのを見つけで店頭で即購入。

ふと、思ったのですが、ECCメモリをサポートしているので、サーバー用途も視野に入っているのかな?と感じています。

マザーボードは、ネットで購入しました。オンボードRAIDが欲しかったので。Intel H370かZ370を搭載したマザーボードを検討しましたが、結果的にAsrock H370M Pro4に決定。

結果的に次のような感じでまとまりました。

CPU  Intel Pentium Gold G5600
M/B  Asrock H370N Pro4
RAM  DDR4-2400(19200) 8GB(4GBx2)
SSD  Samsung 860 EVO 250GBx2(Raid-1)
HDD  Western Digital WD10EZEX(1TB)
ODD  Liteon IHAS324-17(DVD Multi)
VGA  ELSA GeForce 620
PS   Cyonic AU-550X
CASE Sharkoon SHA-S1000-V

最近になって思うのは、メモリが高値安定しているので、安い時に少し纏め買いしておけば良かったかも。

部品を調達して組立をしてOSをインストール。ドライバーもインストールし、いつも通りの更新ファイルをインストール。Pentiumという名を冠したCPUですが、2Core4threadということで、QuadコアCPUと同じなので動きは良好です。

起動ドライブもSSDでRAID1を構成し、IRSTをインストールしているので、書き込み速度は定格でも読み込みは速くなっているので起動は速いです。起動に時間を要するのはイライラするのでストレスなく使えそうです。あとは。今後の様子を見ながら考えていこうと思いますが、現在予定している使い方よりも詩をリガ重いものになるようであれば、高性能なCPUに変更しても良いかな。また、重い画像処理を要求するのであれば、グラフィックカードの変更も視野に入れますが、当面はこれで大丈夫でしょう。

Samsung_76e250b_raid1

そういえば、OSをインストールした後、ドライバーをインストールする際に、マザーボードに添付されていたVGAドライバーをインストールしようとすると、対応していない、って表示されました。デバイスドライバーにはMicrosoft標準ディスプレイになっているので動作自体には問題ありませんが、添付のドライバーがインストールできなかった理由は不明。ただ、グラフィックカードを追加しているので、そちらで出力するので、同でもいい事なんですけどね(笑)

縛熱CPUだった頃以来のPentium CPU購入、PC製作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

異常個所不明のPC

以前はWindows7が動いていたけど使っていない某メーカー製PCにWindows10(評価版)をインストールしてみました。

インストールは無事に完了し、テスト環境なのでVGAカードの追加を含めて幾つかのインターフェースカードも試してみることにしました。幾つかのインターフェースカードは無事に稼働しているようですが、VGAカードが問題。

Wind10をインストールする際は、VGAカードなしで行い、後からVGAカードを取り付けて、ドライバーをインストールしようとすると、ドライバーがインストールできません。ドライバーはnVidiaのサイトからダウンロードした最新版なので、問題があるとは考えられません。VGAカードは、nVidia製GeForce620を搭載した製品ですが、VGAカードの出力に液晶を接続して画面には表示されているのでVGAカードの問題ではなさそうです。だけど、ドライバーがインストールできない理由は?色々と試したけど、結局はどうにもならないので、VGAカードを外して作業を終了。

後日、このPCのハードディスクを新品に取替え、先月発表されたLinuxのUbuntu 18.04LTSをダウンロードし、インストールしてみることにしました。だけど、途中でフリーズしてしまいます。何度か試したけど、やっぱりフリーズ。

そこで、以前、Linux系の雑誌に添付されていた、LinuxのUbuntu 16.04LTSがあったので、これをインストールしてみることにしました。インストールは順調に進みデスクトップが表示されたので、少し操作をしていると、画面にエラー発生の表示が出ています。一部のシステムが停止している模様。

ここまで来ると、PCに異常があるとしか考えられません。一番問題になりそうなのは、マザーボード(基盤)です。考えられる原因は次の三つだと思いますが、原因の特定はできていません。

・電解コンデンサの不良

当時はまだまだ使われていたケミコンが容量抜けか不良になっている。Windows10もインストールできたりしていたので、問題があるとは考えにくい。

・Intel H67チップセットの不具合

このチップセットは発売当初に問題がありました。Intelのリコールがありましたが、もしかしたらその問題に該当していたのか。

・もともと問題があるマザーボード

国内の某メーカーが採用したこともあり、テストはしている筈なので、当初から問題を考えているとは考えにくい。

仮にマザーボートが原因でなければ、電源、メモリを調査していく必要も出てきます。

困ったことですが、原因が不明。こんなの初めてです。

このPCは、諦めた方が良いのかも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

Win10でHDD増設、認識しない!?

自宅でサーバー用途に使用していたWindows7が稼働するPCをWindows10が稼働する別のPCにリプレースしました。Windows7はまだまだ延長サポート内なのですが、うちのPCは何故かWindowsUpdateしなくなりセキュリティーに不安が出てきたためです。ネットで情報を調べながら幾つか試したのですが、効果が無いのであきらめました。

これまで試用していたPCの概要は・・・

CPU  AMD APU 7800
RAM  16GB
HDD  5台
ODD  1台
OS   Windows7

新しいPCの概要(HDD移行前)は・・・

CPU  AMD APU 7890K
RAM  16GB
SSD  250GB
HDD  1台(2TB)
ODD  1台
OS   Windows10

これまでは、HDDを多めに搭載できることが可能なようにミドルケースにPCを構成していましたが、HDDを何台搭載しているのか覚えてなくて、新しいPCはミニタワーケースに組んでいました。ただ、5インチベイにもHDDを搭載できるようにしていたので、HDDは最大4台まで搭載可能です。

旧PCのディスク容量を調べてみると・・・

3TB  1台
2TB  2台
1TB  2台

このことから、3TBと2TBは載せ替え、1TBのハードディスク2台分のデータは、新しいPCに搭載していた2TBに集約することにしました。

ハードディスクを新しいPCに載せ替えて、ディスクの管理で確認してみると・・・3台追加したはずの1台しか認識されていません。何故だぁ!

念のためBIOSで確認してみたら、全て認識されています。と、いうことはハードディスクには異常はないし、接続ケーブルにも異常は無し。原因がわからず、インターネットを調べてみると、こういう現象が起きることはあるようです。ただ、原因はハードディスクが壊れていたとか、接続ケーブル不良が多かったかな。もしかして、接続するSATAポートの問題も考慮し差し替えてみましたが、結果は同じ状態。幾つか調べているうちに、行きついた原因は、ドライバーの問題。不足するドライバーがあるということ。

ふと、気づいたのがPCにHDDを載せ替えするのにLANケーブルが邪魔なので、LANケーブルを外してHDDを載せ替え、そのまま起動していたこと。もしかして、LANケーブルを接続していないことから、起動時に自動的にドライバーを取り込めないことが原因かも?

LANケーブルを接続して再起動。

Windows10が起動して、ディスクの管理で確認してみると・・・

全て認識していました。

LANケーブルを接続していないことが原因で自動的にドライバーが取り込めず、ハードディスクの認識に失敗するという、何ともちっぽけなことで時間を取られることに。こんな事ってあるんですね。疲労感がドッと押し寄せました(笑)

初めての失敗談、というか経験でしたので備忘録も兼ねてブログに書いてみました。同じ症状に遭遇された場合は、ぜひお試しください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

我が家の餃子

何時かはブログで書こうと思っていたのですが・・・私の家では餃子は基本的に作って食べます。稀に有名店や変り種があると買うこともありますが、基本的には自家製。餃子を作る担当は、私自身(笑)

餃子は各家庭でそれぞれの味があると思いますが、私が作るとスタミナ餃子!?また、具材を包むときは大判の餃子の皮1袋分(50枚)を使うので、大粒です。

具材は、豚ミンチと豚粗挽きミンチで計350~400g、ニラ1束、キャベツまたは白菜(大きさによるけど1/4~1/2)ニンニク1個(1片ではありません)と調味料。ちなみに、白菜を使うときは、みじん切りにしてボールに入れて少し塩を振り、暫く放置し塩を流してしっかり絞った状態で投入します(以前テレビで見たのを真似てますが、旨味を吸収するみたいです)。

ニラとニンニクの匂いがプンプンしそうですが、個人的には良い香り(笑)

Img_20180505_185644


作ったら焼いて食べるのですが、焼き立てはアツアツで美味しく、ついついビールがすすんでしまいます(汗)稀にいつも以上に作って近くの親戚におすそ分けすることもありますが、意外と好評です。

ちなみに、1~1.5ヶ月に1回は作って食べてます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

冬に戻った・・・さぶっ!

今日は寒くて、職場では久しぶりに朝から暖房が活躍。急に暑さまで感じる陽気になっていたので、この寒さは辛いです。

広島県北部の中国山地沿いでは雪が降り、高速道路も一部で冬用タイヤ規制が発令されています。昼間は、尾道松江線の一部だけでしたが、夜になって規制範囲が拡大していました。一般道も、道路に設置されているライブカメラの画像を見ていると、県境付近は真っ白になっているようです。

20180407


仕事の関係で昼間は広島県北部にいたのですが、13時前に一瞬だけでも霙になった時があったし、自宅に帰る途中にも一瞬だけ霙が降っている区間がありました。その時の気温は3℃(車の温度計)だったので、仕方なかったかも。

これが最後の公設ならいいんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cドライブが取外し可能デバイスに!?

某メーカー製の古いPCにWindows 10をインストールしてみました。そのPCのスペックは次の通りです。

CPU  Core i3-2100
RAM  DDR3 8GB(4GB*2)
HDD  500GB
ODD  LG スーパーマルチ
M/B  H67H2-M4

今回は、手許にあったパーツを利用することで、少し手を加えてみました。メーカー保証も切れているので、やりたい放題か(笑)

起動用ドライブに、SSD製240GB/MLC(SanDisk)、VGAはオンボードだったので、GeForce620(ELSA)を搭載。

インストールは順調に進み、あっという間に終わりました。

デバイスマネージャーで全て認識されており問題は無かったのですが、VGA用にVidiaのサイトから最新ドライバーをダウンロードしインストール。

このドライバーは別のPCでダウンロードし、USBメモリ経由で今回のPCに移したのですが、USBメモリを外す際に・・・ん!?

何で、こんなにデバイスが表示されている?

USBメモリ以外に、SSDとHDDが取り外し可能なデバイスになってます。SSDは、Cドライブで使っているので、取り外しは不可能ですけどね(笑)

と、いうことは、ホットプラグが有効になっている可能性があります。BIOSで確認したところ、残念ながらホットプラグの設定項目がありません。設定項目があれば、Disableにすれば解決するんですけどね。

そこで、インターネットで解決方法を検索すると・・・見つかりました。IRSTをインストールすることで解決するようです。

IRST : Intel Rapid Storage Technology の略です

取りあえず、最新版をダウンロードしてインストールしようとするとサポートされていない、と弾かれました。更にインターネットで調べていくと、マザーボードのH67チップセットに対応するバージョンをインストールしないといけないようです。

対応するバージョンを見つけてダウンロードしてインストールを実行すると無事に完了しました。再起動して、改善されたかどうか確認してみると、取り外し可能なデバイスの一覧から消えていました。

これで問題解決です。

だけど、マザーボードのBIOSで、ホットプラグが有効になっているのも困りものです。有効または無効の設定項目があればいいのに・・・。

【追記】 2018.04.06

今回使用したIRSTのバージョンは、12.9.0.1001です。Intelのホームページでは、サポートOSにWindows10は書いてありませんが、今のところ問題なく動いています。これについては自己責任です(汗)また、このバージョンのIRSTが対応するチップセットは、5 Seriesから8 Seriesまでと書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

Windows Server 2012 R2 インストール

試用したくてダウンロードしたけど、放置していたWindows Server 2012 R2をコンシューマー向けのマザーボードで組立てた自作PCにインストールしてみることにしました。ただし、ハードディスクだけは今後を考えて、エンタープライズ級の製品を投入し、RAID-1を構成し、さらに追加のディスクにはNAS用を投入。Windows Server 2016は、そのうち"R2"を冠した製品が登場するのであろうと予測して、当面は体験版であっても見送り。

ちなみにPCの構成概要は下記の通り。

M/B   Gigabyte H170M-D3H
CPU   Intel Core i3-6300
RAM   8GB(DDR4/4GB*2)
HDD   WD1004FBYZ 2台(RAID-1)  WD20EFRX 1台
ODD   Liteon DVD スーパーマルチ
P/S   Thermaltake 500W 80+ GOLD
VGA   オンボード

今回、VGAはオンボート機能を使ってますが、サーバーOSでも使用可能なELSA製のNVIDIA NVS 310もあるんですけど・・・気が向いたらそのうちに(笑)

インストールはWindws7/8/8.1/10をインストールする感じで、通常作業。違うのは、サーバーコアだけをインストールするかGUIでインストールするかの選択肢ぐらいかな?当然GUIを選択です(笑)

OSのインストールが完了したら、サーバーマネージャーが起動しますけど、その設定は後からにして、とりあえず、マザーボードのドライバー類をインストールしないといけません。

マザーボードに添付されていたドライバーCDを使ってインストールしようと思いましたが、マザーボードのメーカーホームページから最新版をダウンロード。但し、コンシューマー向けのマザーボードなので、サーバーOS用のドライバーは提供されていません。

そこで、今回のOSがWindows Server 2012 R2であることから、Windows8/8.1を利用しました(参考までに、経験からするとWindows Server 2008だったらWindows7用が使えます。Windows Server 2016は試していませんが、ネットを検索するとWindows 10用が使えるようです)。

すんなりと導入できると思っていたのですが、LANで躓きました。ドライバCDを挿入して色々と試すのですが効果なし。そこで、インターネットを検索すると、コンシューマー向けのマザーボートでは躓くようですね。対策方法はPCに成れた方からすると簡単ですが、設定ファイルの一部を書き換えるので、初心者の方にはドキドキする作業かも!?手順はネットに沢山出ているので検索するとすぐに見つかります。

この作業により、無事にLANが認識され、サーバー機として動作できる環境になりました。これからは、サーバーとしての機能を使えるよう設定を進めたいと思います。

だけど、設定ファイルを書き換えてインストールさせるなんて初めてだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

今年初めてのてんとう虫

今週は比較的暖かい一週間でしたが、先月末(2/27)の昼頃に勤務先の通路を歩いていたら、何か赤いものが・・・ゴミ?

Img_20180227_121542


よくよく見たら、てんとう虫!

今年はずっと寒かったのですが、急に少し暖かくなったので、春と間違えて出てきたものと思います。まだまだ、寒い日もあるので、昆虫にとっては迷惑なことだと思います。

2月にてんとう虫を見るなんて・・・(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

ファイルサーバーのトラブル

今日、仕事中に同僚からサーバーに接続できなくなったから確認してほしい、と言われ確認してみると・・・

あれっ!? 電源がおちてる(汗)

よくよく見ると、室内の電気系が全て落ちてました。このことから、過負荷のためブレーカー落ちているようです。

で、過負荷の原因は、サーバーは打ち合わせ室の中に設置しているのですが、その部屋の隅っこには小さい流し台があり普段のお茶やコーヒーを淹れられるように湯沸かしポットとコーヒーメーカーがあるのですが、どうやら湯沸かしポットが湯を沸かし始めたこととコーヒーメーカーが同時に動いていたことのようです。

発熱体ばっかりじゃん・・・。

とりあえず、湯沸かしポットとコーヒーメーカーの電源を切って、サーバーのスイッチを入れたところ、何か様子がおかしい。このサーバーは、RAID-1を組んでいるファイルサーバーです。RAID BIOS起動時にRAID構成が表示されますが、大丈夫だな!?と思った次の瞬間、

ん? 何か変!?

見間違いかもしれないと勝手に判断して、起動の様子を見ていると、なんだか起動中の画面の表示時間が長い。こんなに時間を要すことは何か異常が起きている、と思っていたら起動中にコケました。ディスクに問題があるようなメッセージが表示されてました。

こんな状態になると少し精神的に焦ってきます。起動してくれないと業務に支障が出るからです。とりあえず、前日までのデータは、外付けハードディスクにコピーしているので最悪でもデータ損失は今日のだけという事ですが、今日の仕事が無駄になりますし、サーバーの再構築に時間を取られるの辛いし・・・。ちなみに、サーバーOSはWindows Server 2008 R2です。

2~3度、再起動してるうちに、CHKDSKがはしり始めました。ただ、ファイルサーバーなのでデータ量が多いことから時間がかかりました(1時間ぐらいかな)。このCHKDSKが終了したのちに、再起動。

RAID BIOSの表示で構成が表示されるので、よく見ると、Verifyの表示がされていました。後からわかったことですが、正常なら、Normalと表示されます。

続いて、Windowsの起動ですが、いつもより時間がかかりましたが、何とか起動し、ログオン画面に到達。ログオンしたら無事に起動しました。だけど、動きが遅い。RAIDの状況を確認するため、IRSTを表示してみると修復中の模様で、少し時間がかかりそう。暫く放置していると、無事に修復が終わり正常化しました。念のため、更に1時間程度放置して、再起動すると、RAID BIOS画面では、Normalが表示され、その後は以前のようにスムーズに無事に起動。安心しましたが、念のため、データを外付けハードディスクにコピーして再度シャットダウン。

ここで、電源トラブルに対処するため、近いうちに利用するため購入していたUPSを箱から出して、サーバーの電源をUPS経由で入力するよう接続しなおして、再度起動しました。これで、ブレーカーが落ちて通電が亡くなっても、UPSのバッテリで短時間はサーバーがプッツンとダウンすることはなくなりました。仮にブレーカーが落ちて通電が無くなっても、UPSが警告音を発するのですぐに対処が可能です。

今日はこれら一連の作業に3時間弱を要しましたが、無事に復旧したので良しとしましょう。ただ、サーバーの経過年数を考えると新しいサーバーへの切り替えも急務かもしれません。

再稼働したのは良いけど、リプレースは頭の痛い問題です。

疲れたなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«続 A10-7890KはRADEON 360とリソース競合?