« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月20日 (金)

最近、故障や動作不良が多いです・・・

自宅のパソコンは安定して動作していますが、会社のパソコンは老朽化?もあって、故障が増えてきてます。私の机の上には、自分が使っているのとは別に、メンテナンス中が1台はあります。仕事をしながら修理・OS等の再インストールしています。色んなパソコンがあるから少し大変だけど、Windows 2000とかWindows XPなので楽といえば楽ですが、データの移行が少し手間です。最近は、ディスクの交換かメモリの増設をして、OS再インストールが多いです。たまに、CDドライブの交換もありますが、DVDドライブを要求されることもあり、以前から使われているインターフェースのIDE接続の物が少なくなってきてるから、安いのを探してくるのが大変です・・・だんだん、高価になってくるのかもしれませんけどね。HDDもIDE接続のものは、ほとんど作られていないらしいので、たまにSATAの拡張ボードとSATA接続のHDDを購入してます。会社の経営が厳しいし、一人分を新しいものにすると、他の社員が新しいのを欲しがって、収集がつかなくなるから、最新型のパソコンを買ってもらえないのが現状です。

ハードウェア的にもちょっと癖があったりしてますけどね。最近、一番わからなかったのは、D-SubとDVI端子がバックパネルについてるメーカー製パソコン。ディスクを取り替えたりして、OSを再インストールした直後に、再起動すると途中から何も表示されない!信号が入力されていない状況になってます・・・なんでじゃ~!?メーカー製パソコンと専用液晶モニタ(一時期発売されていた特殊なDVI接続モニタ)の組み合わせですが、原因がわからなかったので、再度OSをインストール・・・改善されるかと思ってましたが改善されませんでした。でも、パソコン自体は正常に動作している模様。もしかしたらチップセットのビデオドライバ(Intel810/815)を入れないとダメなのかも?と思い、パソコンの電源を切って、D-Sub端子に他の液晶モニターを接続して起動すると・・・完全に立ち上がって、デスクトップ画面が表示されてます。どうやら、チップセットのビデオドライバが足らなかった模様です。ここで、チップセットドライバをインストールし、電源を切って、再びDVI端子に専用モニタを接続して再起動したら、無事にデスクトップが表示されました。だけど・・・面倒なインストール作業でした。

実は、このパソコンはワイヤレスのキーボードとマウスが標準だけど、ワイヤレスの受信部が液晶モニターに内蔵されており、さらに液晶モニター用のケーブルを通して、パソコン本体に接続されているので、PS/2ポートもなく不便です。マウスは故障して使えず、代替品で動かしていますけど、USB接続です。キーボードも別のUSB接続用を使って使っています。こんな感じのパソコンは、メンテナンスに手をとられてしまいます。もう一つ、このパソコンはチップセットがIntel810/815なのに、BIOSが原因でRAMが384MBまでしか認識できません。なんとも、半端です。BIOSのアップデートもなく、非常に効率が悪いです。はい、このパソコンは、某大手の日本○気製です。

今日も、仕事をしながらメンテナンスをしています。仕事中にブログを書いていいのか?って突っ込まれそうですけど、たまには息抜きしないとね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »