« 肥大化するサーバーシステム 2 | トップページ | パソコンショップの広告で誤記 »

2012年4月20日 (金)

FMV-D5340にスーパーマルチ搭載

原因は全くわからないのですが、少し前からFMV-D5340に搭載していたTEAD製薄型CD-ROMドライブの読み込みが悪くなり、ソフトウェアのインストールに支障が出ていました。

そこで、ドライブの換装をすることとしましたが、過去にこのPCに手持ちの薄型スーパーマルチドライブを取り付けようとしたら、フロントパネルが飛び出たようになったりして、うまく収まらなかった経緯がありました。そこで考えたのは、スロットインタイプ。これなら問題ないと考えられます。

今回購入したのは、東芝サムソン製のSN-T082です。

Snt082


SATAの増加により、今では激減してしまった残り少ないIDE接続のドライブです。さらに、スロットインとなると数は極僅か。意外と希少品だと思います。

Amazonで購入して取り付けてみると、何事もなく無事に取り付けができました。ただ、フロントパネルの色は黒しかなくて他が選へなかったため、周囲の色とは異なってしまうことは仕方ないと考えています。動けばいいんです!

Cimg2009


電源を入れて動作確認をしてみましたが、問題なく動作していますし、CD等の読み取りも正常です。ヘッドが移動するとき以外は、比較的静かに動作しています。思わず動いているのかな?と思わせる時があります。

とても素直なドライブで、ソフトもNero 8が付いていました。送料込みで4千円弱で購入できたので、今ならお手頃かな。何れIDE接続のドライブはなくなっていくだろうし、あっても高値が付くんだろうと思っています。

でも、TEACのドライブが不調になったかは原因が不明のままです。予備で保存しておいた同型のドライブCD-224Eも同じ症状が発生しました。もしかして、古いから?原因は不明なのでこのまま処分してしまおうかと思ってます。

今回は、とても良い買い物ができました。

|

« 肥大化するサーバーシステム 2 | トップページ | パソコンショップの広告で誤記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/54518677

この記事へのトラックバック一覧です: FMV-D5340にスーパーマルチ搭載:

« 肥大化するサーバーシステム 2 | トップページ | パソコンショップの広告で誤記 »