« HDD なかなか値下がりしない | トップページ | 肥大化するサーバーシステム 2 »

2012年4月15日 (日)

SIL4723 SteelVine Managerが・・・

実家で稼働していたFMV-D5340 Raid1仕様ですが、Windows7が稼働することが確認できたまではよかったのですが、RaidマネージャーのSteelVineが手元になく、もしかしたら実家にある色々なCDに入っている可能性があり、現状で稼働状況がわからない状態になっていました。

とりあえず、RAIDボードのランプ(LED)を見れば判定できるのですが、ビジュアル化されたものが欲しくてインターネットを探していました。

だけど、Sil4723については、意外と見つからず、同じころに発表されたと思われるSil4726用をみつけたけど、全くダメ。なぜ、Sil4723だけ見つからないのかわかりません。こういう時のために、メーカー側でホームページに公開されているのであればありがたいのですが、SiSのホームページには記載なし。

ほとほと困っていたのですが、昨日、このチップを搭載したマザーボードがあることを見つけました。ASUS製のものですが、藁をもつかむ思いで、このマザーボードのページに公開されているドライバ等を検索すると・・・それらしいものを発見。マザーボードの型番は、P5W DH Deluxeだったかな。

これまで探していたバージョンは、3.0.0.22ですが、ホームページに掲載されているのは3.0.0.44β版。数字がほぼ近いので、これは使えるんじゃないかと、とりあえずダウンロード。

そのほかに、RATOC製のRAIDケース用のソフトウェアも見つかりましたので、使えるかどうかは別として、参考までにダウンロード。

今回は、ASUSのページからダウンロードしたものをダメ元で試験的にインストールしてみました。

結果は・・・○

使えました。ビジュアル化されて、表示されており満足いくものでした。

Raid管理にあたっては、ディスクの空き容量ではなく、イベントログを管理しなくては状況把握ができません。イベントログが取れるようになったということは、安心してRaid-1を管理できます。

RATOC製のソフトはインストールしていません。必要なものは、ASUSのもので事足りたので不要です。ただ、記事を読んでいると、電子メールで状況を発信できるようなのでRATOC製の方がよくできている感じですけどね。

今回は、Sil4723に対応したSteelVine Managerを探すのに随分と時間を割かれてしまいました。でも、何とか見つかったので安心です。

ちなみに、ASUSのホームページには、Windows7に対応しているとは一言も書いてありません。

今回は、本来の使い方ではないので、お勧めできる方法じゃないですから、ご注意ください。

|

« HDD なかなか値下がりしない | トップページ | 肥大化するサーバーシステム 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/54479854

この記事へのトラックバック一覧です: SIL4723 SteelVine Managerが・・・:

« HDD なかなか値下がりしない | トップページ | 肥大化するサーバーシステム 2 »