« HGST 500GBを3,999円でゲット | トップページ | 月がとってもデカイから(笑) »

2012年5月 5日 (土)

Gigabyte GA-H61MA-D3V 発注

ファイルサーバー用のマザーボードとして結論したのはこのマザーボード。

Gah61mad3v


インターネットの価格比較サイトに書き込みされている様子では、賛否両論あるようですが、私が投稿を読んで推論するには、普通に使うのであれば問題はなさそうです。RAID機能を持たせるために、標準のチップセットとは別にMarvell製のコントローラーを搭載しているようですが、これに賛否両論が集中しているだけで、他には何も問題はないようです。

個人的にはソフトウェアRAIDであったとしても、RAID-1がオンボードで構成できればビックリする速度が出なくても文句は言いません。僅か4千円ちょっとのマザーボードに、高性能を求めてはいけないと思うし、そこまでの性能が欲しければ別の拡張カードを搭載すればいいのですから。

それでなくても、このマザーボードは、USB3.0も搭載されています。USB3.0チップの価格が下がってきたからだと思いますが、ありがたいことです。

唯一、拡張用のPCIスロットが搭載されていないのが泣き所かもしれませんが、ふと考えてみると、PCIスロットに何か挿して使うのか?ということ。モデムを搭載するという方法もありますが、個人的にはUSB接続のモデムを所有してるから・・・(笑)

ここ最近、PCIスロットは、何も使うものがないんです。RAIDカードもPCIeに変わっていっているので、使わなくなってきたんですね。

と、いうことで、個人的には、システムとデータがブッ飛ばず、普通に動いてくれればいいので、このマザーボードはファイルサーバー用として非常に適切な選択だったと思います。

明後日ぐらいには届くんだと思いますが、あとはCPUとRAID-1用に組み合わせる500GBのハードディスクがなければいけないですね。アプライドさん、また、抽選販売会をやってくれないかなぁ・・・。

CPUは、Celeron G530。3千円ちょっとで買えそうです。何ともデュアルコアにしては安いことです。まぁ、キャッシュが少ないから安いのは当然ですけどね。このCPUに大容量のキャッシュが搭載されたら、こんな値段では買えないですね(笑)

PCケースも必要ですが、もしかしたら他のPCケースの流用ができるかもしれない状況ができそうなので、投資は不用かもしれません。

なんとなく、形が見えてきそうな感じがしているファイルサーバーです。

|

« HGST 500GBを3,999円でゲット | トップページ | 月がとってもデカイから(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/54640925

この記事へのトラックバック一覧です: Gigabyte GA-H61MA-D3V 発注:

« HGST 500GBを3,999円でゲット | トップページ | 月がとってもデカイから(笑) »