« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月24日 (日)

レンタルサーバーが停止したら

インターネットの記事を読んでいたら、ファーストサーハーというホスティング企業のサーバーからデータが消失したとのこと。だけど、データの復旧ができないものもあるようで、とんでもない事態になっているみたい。すべてのサーバーからデータが消えたというわけではないようですが、一部は消えていることにまがいないようですし、復旧にも時間がかかるようです。

私の勤務先もウェブサーバーとメールサーバーはホスティングしています。ただ、有償のバックアップサービスを付加しているので、前日の状態にまでは復旧できるものと思っています。

ただ、無償で付いているグループウェアは、サーバーが異なるようなので無理かもしれませんけどね。

今回のことから言えることは、完全無欠のサーバーは極少数なのかもしれません。また、最近普及しつつあるクラウドサービスについても同様です。基幹系システムを稼働させていた場合には、取り返しのつかないことになります。賠償金を貰っただけでは済まされないリスクがあります。

データが消失することについて、約款などで「ユーザーは必要に応じてバックアップをとること」になっているんだと思いますが、作業を一つ終えただけでバックアップをしていては仕事ははかどりません。安全な作業環境を作るためにホスティングサービスやクラウドサービスを利用しているのに、サーバーからデータが消えたとなるとどうにもなりません。

私も会社の基幹系システムについて、最近考えていたことは、ミラーサーバーが必要になる時が来るかもしれないこと。

基幹系システムは、内部でミラーリングしたシステムで稼働していますが、サーバーのハードウェア異常やミラーリング構成が崩れたとき、-に代替サーバーが無いこと。当然、メーカーが代替サーバーを貸し出してくれるわけでもなく、サーバーの設定に時間を要することになるから、その間は何もできません。

先日、会社で数年間使用しているファイルサーバーのミラーリングしているディスクが1個クラッシュしたようだったのですが、その予兆ともいえる現象があったことを確認しています。ミラーリングでは読み出し出来なかったファイルが、クラッシュしたディスクを外した途端に読み書きできるようになったこと。このケースは、たまたま、運が良かっただけかもしれませんけどね。ただ、基幹系システムだとこうは簡単に済まないと予想されます。

フォールトレランスを考えたサーバー構成になると、クラスターになってくるのかもしれません。今回製作を予定しているファイルサーバーをクラスタリングして、ホットスタンバイにしてしまうというのも方法じゃないかと思ってます。こうしておけば、安心して作業ができます。

ここで問題になることは、私はクラスタリングの設定をしたこともありません。言葉の意味は知っていても設定については全くの無知。ネットを調べただけでできるようなものであれば苦労はしないと思いますが・・・たぶん無理なんだろうなぁ。一応、調べてみようとは思いますけどね。

いずれにせよ、今回のレンタルサーバーからのデータ消失はホスティングサービスやクラウドサービスのあり方、特にサーバー運用者側の運用管理にかかる問題、そしてユーザー側においてはバックアップのタイミングや自動化について問題を投げかけているものと思います。

大事なデータが消失してからでは、取り返しがつきません。

運用者側だけの問題として考えず、利用者側の問題としても考えていくべき良い機会だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

電源不要のシンクライアント!?

あるメールマガジンを読んでいたら、HPからコンセント不要のシンクライアントが発売予定と書いてありました。

Hp_t410_aio


でも、どこから電源を供給するの??

なんと、LANケーブルから電源を供給するんだそうです!

こんなの考えもしなかったことですが、現実にできるとは・・・。

省電力化が叫ばれているなかで、LANケーブルから供給する電力だけで稼働させられるという事は、素晴らしいことだと思います。ディスプレイも専用品のようですが、表示能力も全く問題ないらしいです。

一般的なデスクトップPCだと、アイドル状態でも数十ワットの消費電力になるのに、専用のシンクライアントだとこういう製品が可能になったという事は、企業での利用が進むかもしれません。

また、昼間だけであれば太陽電池パネルを利用した電力供給システムによるシステム稼働装置もでてくるんだろうなぁ・・・と感じています。夜間は、蓄熱システムによる発電を利用することで、電気代はタダ!というシステムも登場するかもしれないですね。当然、設備投資は必要になりますけどね・・・。

いずれにせよ、画期的なシンクライアントだと思います。

その前に、企業システムのサーバー集約による仮想化が必要になるので、いきなり導入するという訳にはいかないでしょうね。既に仮想化が終わっている企業にとっては朗報かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

色々なエラーがでてくるなぁ~

今日は台風一過の晴天で清々しい朝だと感じながら、会社の前の歩道を掃除していたら、ある部門の社員が・・・

「パソコンが起動しないから見てほしい」

折角の清々しさが一気にブルーに・・・

朝からメンテナンスなんてしたくはないのですが、とりあえずエラーの確認をしてみました。いつものBSODで大変なことになっているんだろうなぁ・・・と少し憂鬱な気分でパソコンの画面を見てみると、いつもと違うことになってます。BSODではなく、Windows7がエラーを表示してくれてる感じです。

Windows7_boot_error


でも、その内容は・・・ブートファイルが壊れているので、OSインストール用ディスクを挿入して修復してください、というもの。

画像はわかりにくいので、主たるところを

File: /Boot/BCD
Status: 0xc0000034
Info: An error occured while attempting to read the boot configuration data

画面を携帯電話のカメラで撮影して、ネットで確認。情報は色々と出てきますが、まずはマイクロソフト社のホームページに書かれている情報を読んでみました。だけど、その情報は起動してから操作すべき内容にもみえるし、ちょっと手もがかかりそうでした。

他の情報をたどっていくと、マザーボードのメーカーのホームページにもあったので読んでみると、画面に係れているメッセージと同じことが書いてあり、ブートファイルの修復を試みてください、になっています。

とりあえず、修復作業をすることにしました。OSインストール用メディアを挿入して、OSをインストールするときと同じように起動させ、途中で言語やタイムゾーン等を選択した後、修復を選択。あとは、ほぼ勝手にやってくれました。

そして再起度してみると、無事にOSが起動しました!

今回は簡単に修復作業ができましたが、朝からエラーができると気分はブルーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

BIOS対応表記が無くても稼働?

Opteron3280が発売されたようで、ネットを検索していたら2万円ちょっとで販売されているみたいですね。

Opteron3280


自分が使用しているマザーボードで対応しているのか調べてみましたが、今のところ記載なし。でも、Bulldozer系なので、なんとなく動きそうな気がしていますけど、どうなんでしょう。

今は購入して試す余裕がないので動きが取れません。

ただ、インターネットを検索していたら、某ショップで試したみたいですね。

Asrock 880GM-LE FXに、このCPUを搭載してテストした記事ありました。

TDP65Wということで、圧倒的に消費電力が下がるようですが、処理速度はFX-8150よりもクロックダウンしていることから、こちらも下がるのは仕方ないかと思いました。

省エネが叫ばれている時代だけに、このCPUは意外と省エネPC用として使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は台風が接近だ

今日は一日雨がふりました。

サーバーを組み立てる予定でしたが、昨夜の飲み会で少々飲みすぎたことから、今日は午前中も爆睡状態で、起床したのも午前10時過ぎ(笑)気分がのらなくて結局は組み立てていません。

今週半ばころから気にしていた台風4号ですが、来週19日の夕方から夜にかけて接近してきそうで、ちょっと心配です。

20120616_typ04

日本に近づくにつれて、だんだんと進行方向が東寄りになる傾向はあります。私が住んでいる広島を直撃するとは思えないのですが、関西から中部方面は直撃するんじゃないかと予想しています。

ただ、進路がちょっとでも北にずれると中国地方は進路にあたる可能性もあり、イヤな感じがしています。

台風の進路に注意して、被害を最小限にとどめるよう気をつけないといけないのですが、台風接近による梅雨前線の活発化がもっと怖いです。今日も九州方面では随分と降ったようで被害も出ているようです。

台風が近づいてくると、場合によっては職場で待機しなくちゃならないときがあるので、そっちの方がイヤなんですけどねぇ~。危機管理という面では必要なんですけど、することもなく台風が通過するのを待つのは疲れるかな。

台風に注意ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ケースファンを2個購入

今回購入したPCケースには、ケースファンを最大5個取り付けることができますが、リアに1個付いていることから、まずはトップとフロントに追加することにし、昼休憩に2個購入してきました。

快晴で気温も上昇しているなか、昼休憩を利用して会社の自転車に乗っていき、数店舗見て回った結果、ドスパラ広島店で購入。

購入したケースファンは、DEEPCOOL製のものばかりです。価格がダントツに安かったからです。静音性については、Super Silentって書いてあるから、それなりに静かなんだろうと勝手に判断しました。実際に、取り付けてみないとわかりませんが、今回はサーバーの構築を急ぐことから価格重視です。自宅でもDEEPCOOLのCPUクーラーを使用していることもあり、多分、問題はないだろうと思っています。

Deepcool_xfan_120black

とりあえず、自宅サーバーのパーツは全て揃いました。

CPU    Intel Celeron G540
M/B    Gigabyte GA-H61MA-D3V
RAM    ADATA AD3U1333C4G9-2 8GB(4GBx2)
HDD1   HGST HDS721050CLA662(500GB)
HDD2   HGST HDS721050CLA662(500GB)
HDD3   HGST 型番不明 250GB SATA
CASE   SCYTHE T33-B
P/S    POWEREX SD-660EPS(500W/80Plus)
・HDD1/HDD2はRAID-1で構成

今回は光学ドライブを搭載する予定はありません。光学ドライブは数年間使わずにいると、これまでの経験からすると使わないまま故障することが多いからです。もったいない投資になってしまいます。OSやアプリケーションのインストールには、手持ちのDVDスーパーマルチを一時的に取り付けるかUSB接続のドライブを使用することで、無駄な投資は削減です。

メモリはECCを購入して使いたいのですが、今回のマザーボードで使用できるかどうか不明だし、ちっょとお高いので・・・(笑)これまでの経験上、意外と使えたりすることが多いんですけど、DDR3規格になってからは試したことがありません。DDR時代は、非対応と書いてありながら全く問題なく使えたことがあります。

今回は、手持ちのパーツも総動員なので、細かい計算はしていませんが、OSを除く総費用は3万円以下で収まったと思います。

電源ユニットも数ヶ月前に購入したものですが、手持ちの中古品(以前、別のPCで使用していたもの)を流用すれば、さらに安くなる計算ですね。また、メモリは現在自宅で使用しているPCから取り外して搭載します。実は、別に未使用のADATA製のDDR3-12800(8GB/4GBx2)をもっているので、それを自宅用PCに搭載予定です。

と、なると・・・

約20,000円ほどになるのかと・・・

少しずつパーツを集めておけば、いざという時に転用できるので、これからも懐に少し余裕ができたら買い足しておこうと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

HDD 価格は下がってきたけど

昨年のタイの洪水でハードディスクメーカーは大打撃を受け、一時は三倍近い価格になったりしたハードディスクですが、最近は随分と価格が下がってきました。

だけど、未だに安いと思える価格ではなく、値上がり直前と比較すると1.5~2倍程度の価格帯で推移しているように思います。需要と供給のバランスもあるかと思いますが、1TB以下の商品は比較的高値で推移しているように感じています。

ハードディスクの大容量化で、2~3TBのディスクが売れ筋なのかもしれませんが、1TB以下の商品も何とかもう少し値下げしてほしいところです。

・一般のビジネスPCに大容量ディスクのは必要ないと思う
・ある程度の企業規模になるとファイルサーバーを活用
・クラウドを使用したシステム運用
・オンラインストレージの大容量化

こういう現状を考えると、ビジネス用途には250GB~1TBで充分だと思うのは私だけかなぁ~?

私が職場で使用しているPCのハードディスクは、250GBです。 だけど、半分も使用していません。業務で使用するファイルや共同作業で使用するものはファイルサーバーに置いていますから、こんなところかな。

写真や動画を扱う場合は高画質のデータになればなるほど大容量のハードディスクが必要なので別問題だと思いますが、小容量のハードディスクはビジネス用途では絶対に必要と感じています。

なんとか早く以前の状態に戻ってほしいと強く感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

空冷用ファンも買い足さないと(笑)

ファイルサーバーの構築に向け、準備は着々と進んできていますが、よく考えたらPCケースに標準で搭載されているファンは1個でした。

リアのパネルに取り付けられているんですけど、ファイルサーバーとして24時間稼働させることを考えると、空冷の強化が必要です。

現行のファイルサーバーにもたくさんのファンを取り付けています。CPUファンは除くとして、5~6個を取り付けています。このおかげで、比較的排熱効果が高く、マザーボードも高温にならずに済んでいるものと思うし、しっかり冷えるという事は電解コンデンサーの質の低下も遅くなっていることに貢献していると思います。

今回のケースには、全部で5個が取り付けられますが、どの程度の物かわかりませんが、標準で1個付いているので、とりあえずあと2個を追加予定です。今回追加予定は、フロントに1個、トップに1個の予定です。標準で取り付けられているファンは、場合によってはフロントかトップに移動させようと思ってます。

マザーボード上には、CPUファン以外のファンの端子が1個なので追加する2個は連続フル回転になりそう。静音タイプにしておかないとガンガン冷えて電子パーツには優しいかもしれないけど、その反面、爆音サーバーになりそう(笑)

仕事帰りに調達しなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩んだけど、HDDを発注した

ケースが届いたことをブログにアップした直後から、やっぱりHDDを2台構成でRAID-1を構成することは必須と考え始めました。

手元にあるHDDは、HDS721050CLA662です。これと同型が欲しかったんです。

500GB/7200rpm/SATA3.0という規格の物ですが、個人的にHGST製には信頼をおいてるし、これまでの実績から安心して使えてます。

型番の違うハードディスクでRAID-1を構成することもできますが、できれば同じもので構成したいのは人の常。

今、会社で使用しているファイルサーバーのRAID-1は、当初は同型のハードディスクで構成していましたが、数年前に1台がクラッシュして交換しましたが、同型が無くて違う型番でとりあえず応急処置。そのうち、また1台がクラッシュしてしまい交換しようとしたけど同型は入手できなかったので、違う型番のものを接続してリビルド。という事で、当初は40GBのハードディスクでRAID-1を構成していましたが、80GBと160GBのハードディスクで構成されています。その片方が、最近になってクラッシュの様相?今は片肺飛行のような状況です。

ちょっと横道にそれましたけど、ネットで価格を検索しながら色々と悩みましたが、結局のところ・・・

「買い物かごに入れる」ボタンをポチッ!

と、押して約1分後には購入手続きが完了してました(笑)

本当にお金があるのであれば、エンタープライズクラスのHDDを4台以上と、ハードウェアRAIDカードを用意してRAID-5を組みたいんですけど、そんな予算はありません。また、HDDが4台あれば構成できるRAID10も魅力的ですが、そこまでのスピードは要求していないので、見送り。

やっぱり、RAID-1が安心して使えるなぁ~

ファイルサーバーだからデータを二重化する必要があること、データベースのようなアクセス頻度が高い使い方はしないことから、RAID-1がちょうどいいと思ってます。

予備のハードディスクとして、もう一台は同型が欲しいのですが、ちょっと懐が苦しい感じになりそうなので、当面は見送り。

懐に余裕ができたら、購入しておこうと思ってます。

最近、BYODが流行りつつあります。クライアントPCを持ち込むことはあっても、サーバー用途で使うPCを持ち込むのは珍しいかも・・・!?

今週末は、時間を見ながらPCを組み立てて、サーバーの構築をしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

PCケースが届いた

今回は、価格的に安いATXタイプのケースをファイルサーバーに用いることにしました。

T33bmain


SCYTHE製のT33-Bというケースを使うことにし、土曜日にインターネットで注文したら、今日届きました。

何が良かったか?と聞かれたら・・・

・ディスクの搭載量か多いこと
・ディスクが横置きなので、メンテナンスが楽かも

T33bshadowbay


・12cmのファンが最大5個搭載できるから冷却に有利
・安かった!

これだけです。

12cmのファンが最大5個搭載できるということは、24時間稼働のサーバーとしては冷却面で有利になると思います。窒息しそうなケースだと、熱がこもって、どこに悪影響が出るかわからないからです。ずっと過去ですが、Socket 370時代に、窒息しそうなケースを使ったことがありましたが、マザーボードの電解コンデンサが大量にパンクしたことがありました。

あとは、ハードディスクをもう一台用意してミラーリングするか?

それとも、シングルで稼働させるか?

仕事帰りにPCショップを数店まわりましたが、手持ちと同じ型番の物は1店舗だけありましたが、通販価格よりも高いので諦めました。中古販売店も覗いてみましたが、比較的新しい型番のディスクなので中古品としては在庫なし。

エンタープライズ用途のディスクが1台あったので気になりましたが、とりあえずパス。

将来的に、バックアップ用途に購入してもいいかもね。まぁ、その時には無くなっていると思いますけどね。

と、いうことでケースは揃いました。

週末までにハードディスクの調達の可否を考えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

今年初めての野球観戦

今日は仁初めての野球観戦(デーゲーム)に行きました。

親戚の方々と行くということ、試合が15時からということで、昼過ぎから居酒屋でビールを飲んでからの観戦になりました(笑)

試合は、カープが勝ちましたが、5回を終わったところまでは0行進。投手戦を思わせるところでしたが、6回表にオリックスが2点を先行。なんか雰囲気がヤバイ感じもありましたが、7回裏にはカープが3点を取って逆転。球場は大いに沸きあがりました。8回の表にはピンチもありましたが何とか切り抜けて、8回裏には再び2点を追加して勝てそうな雰囲気になりました。9回は無事に守り切って、勝利しました。

240610carpwin


ヒーローインタビューには3人の選手が・・・前田、堂林、バリントン。3人が御立ち台に立つってことあったのかな?

暑かったけど、ちょうど2階席の真下ということもあり、日陰になってしのぎやすかったです。

あっ、そういえば今日はマツダスタジアムではビールを全然飲まなかったなぁ・・・(笑)

途中、2012ピンクリボンdeカープというイベントがあり、地元の大学生によるパフォーマンスもありました。

2012de

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンタッキーフライドチキン

数日前、アメリカ版のケンタッキーフライドチキンを貰いました。

Us

写真を見てビックリしませんか?

左側が異常に大きいこと!

右側は一般的に国内で販売されているぐらいの大きさのドラム。左側って・・・数倍の大きさがあります。当然ですが、食べごたえもありますよ。

実は、米軍の基地内で販売されているものだそうです。味は日本で販売されているものと変わりなく、美味しかったです。

こういうのが買えるって羨ましいです。だけど、日本じゃあ販売していないのかなぁ。

大きくて売れないから?

日本人好みじゃない?

小さくして販売した方が売り上げが伸びるから?

でも、たまにはこういうサイズのケンタッキーフライドチキンも食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Celeron G540が届いた

先日発注したCeleron G540が届きました。

Celerong540


Celeronとはいえ、以前のデュアルコアCPUと比較しても全く遜色のないものになっているようです。CPUのベンチマークを調べても全く悪くありません。

私が会社で使用している自作PCには、AthlonII X2 250を載せていますが、大差なく稼働するようですし、もしかしたら総合的なパフォーマンスはCeleronが上かもしれません。ここらは実際に使ってみないと解りませんけど・・・。ただ、今回はサーバーOSをインストールする予定なので、実感は湧かないと思います。

時間をかけて集めてきたパーツも、ほぼ1台分を確保できてきました。

来週末あたりは、自作で楽しめるかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社のファイルサーバーがヤバイ

今日は仕事に出勤したのですが、書類の整理をし終えて、最近調子が悪いファイルサーバーのメンテナンスをしようと吸気口とかを見てみると・・・

なんじゃぁ~!この埃の塊は!

と、いうことで一度電源を切って、エアーダスターで掃除をしました。随分と綺麗になりました。この際だから、壊れたまま搭載しているCD-ROMドライブのケーブルを外し、ついでにフロッピーのケーブル外しました。

あっ、ちなみにこのファイルサーバーは、最近でいうところの"BYOD"と称されるもので、自作PCサーバーです。

予断はいいとして・・・

綺麗になったところで、電源オン!

不要なファイルを整理しなくちゃいけないなぁ・・・と思いながら起動画面を見ているとBSODでストップ!?

電源を落として再度起動してみると、今度は・・・

Error loading operating system

って、表示されています。

なんで?

こんな時のためにRAID-1を構成しているんだし、いきなり両方のディスクがクラッシュするなんてことはないでしょう。それと、システムダウンをする直前にRAID-1の状況は見ておいたのですが、問題はなかったんですけどねぇ~。

じゃあ何故?

色々と試行錯誤しているうちに、RAIDカードあたりで問題が出ている雰囲気だと感じ始めました。

RAIDカードは、メルコ製(現在のバッファロー)でずっと以前に製造が終了しているIFC-ATA133RAIDという製品を使っています。これって、結構よかったんですけどね~。ユーティリティーも使いやすかったです。

とりあえず、RAIDカードに接続しているハードディスクの何れかをマザーボードのIDE端子に接続してみて起動するか試してみます。

まず1個目ですが・・・起動しません。

ちょっと、冷や汗が出始めました。次のサーバー構築に向け、パーツを手配中のさなかに壊れてしまっては大問題です。自分が使うファイルはUSBハードディスクに保存してあるから良いけど、部下と共同で使用しているファイルが入ったフォルダが複数あることから月曜日からの仕事に支障を期すことになります。

マジでヤバイ・・・

神頼みで、もう1個のハードディスクをマザーボード上のIDE端子に接続して起動してみました。

あれっ!?

何事もなかったかのように順調に起動しています。あとは、BSODで落ちないことを祈るだけです。

ログイン画面がでて、ユーザー名とパスワードを入力し、様子を見ました。

無事に起動しました。

やっぱり、RAIDカードが悪いのかなぁ?

それとも、単にRAIDが壊れたか?

とりあえず、クライアントからファイルを確認したところ無事に表示されています。さらに、少し前から理由がわからないまま開けなくなっていたファイルも開けました。

一体これって???

原因を追究すると頭が痛くなりそうなので、考えないことにします(笑)

ただ、何らかの障害によりRAID-1の構築情報が壊れてしまったことに変わりないと思っています。

起動しなかった時点で、マザーボートの電解コンデンサの容量抜けも考えましたが、掃除をした時点で、電解コンデンサが全く膨れ上がっていなかったことは確認しています。このため、原因は違うはず、と考えたのは正解だったようです。

いずれにしても、稼働させることはできたのですが、マスターディスクで稼働させているし、バックアップ用にもう一台搭載しているハードディスクに、頻度を上げてバックアップをする必要がありそうです。

それと、新しいファイルサーバーの構築が急務になりそうです。

今日、PCケースをソフマップに発注したので、来週初めころには届くでしょう。Celeron G540は届いたことだし、あとは手持ちと同じ型番の500GBのハードディスクがもう一台あれば完璧なんだけどなぁ。

稼働中のファルサーバーは、今から考えればビックリするような構成かもしれませんけど・・・

CPU  Celeron 1.4GHz(Socket370)
M/B  MX3S-T
RAM  512MB
HDD  IDE接続 80GB*3
OS   Windows 2000 Server SP3 -> SP4

こういう構成です。現役のSocket 370って、もうほとんどないものと思ってるんですけどね。実は、Windows 2000だからサクサク動くんであって、Windows Server 2003 R2とかになると、少し重いです。まぁ、XPを動かすことを考えたら仕方ないかも。

ちょっと、状況は怪しいのですが、もう少し頑張ってほしい自作ファイルサーバーです。
とりあえず、稼働してくれて助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

使ってみたいなぁ Opteron 3280

サーバー用途になると思いますが、6月15日にリテール版のOpteron 3280が発売されるとのこと。

価格は21,980円。

TDPは65W。

Opteron_3280


サーバー向けには手頃だと思うし、クライアントPCに搭載してもそれなりに速いんじゃないかと思います。ネットをさがしていたら、バルク版?を搭載された方がベンチマークを掲載されていましたが、WEI/CPU値が7.4になっています。

これって、デフォルトのクロックで計測されたものかどうか、そこまでは読んでいないのですが、デフォルトでの値であれば、全てのコアがTurbo Coreで動作するともう少し上がるのかもしれません。

ファイルサーバーに使ってもいいし、データベースを稼働させたとしても、ベースがサーバー用途なのでへこたれることはないでしょう。

自宅のファイルサーバー機の統合も含めて色々考えているところがあるので、今後はこのOpteron 3280は選択肢になると思います。

ただ、我家にはAM3+のマザーボードはあまっていませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは、Celeron G540を発注

Celeron G550が気になるところですが、意外と売れているようで、ネット通販を調べていたら、売り切れのところも。

Celeron G530は意外なことに値上がり傾向で、Celeron G540と価格差がなくなっている店舗も見受けられました。

こんな状態なので、Celeron G540を採用することにして、昨日発注しました。

明日ぐらいには届くかな?

未発注・未購入なのは、PCケースだけになりました。

ネット通販で購入するか、市内の店舗で購入するか・・・今日の仕事帰りにPCショップに立ち寄ってみようと思います。安いのがあれば、購入するつもりです。

今回は予算が限られているので、追加のハードディスクの購入は・・・厳しいです。

中古で購入するという方法もありますけど・・・。

同じ型番のものが2個あれば購入も考えますけど。

じゃんぱら広島店にあるかなぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

CPUとケースが揃えば・・・

RAID-1を構成したいけど、極端な額の自腹を切るわけにもいかないので、とりあえずはシングルドライブで構成するしかなさそうな感じ。

先週末、アプライドの広告に抽選販売で500GBのディスクがあったのですが、朝から外出しなければならない用事があったので、抽選販売に参加できず、チャンスを逃したかもしれません。

自宅のパソコンのディスクを集約して1台ほど浮かせることも考えたのですが、調べていると意外とパラバラ。当然、メーカーも容量もですけどね。

CPUは、Celeron G550が狙い目ですが、予算次第ではG530かG540にするかもしれません。また、ケースも色々と考えているのですが、安く仕上げないと懐が自滅してしまいますから、安いもので検討中。

ちょっとアテにしていたものが、すぐに使えないことになったので仕方ないですね~。

今回は、光学ドライブを搭載する予定はないので、USBの外付けで対応するつもり。この辺りは、OSやアプリケーションのインストール時だけあればいいので、まったく気にしていません。

今週末あたりで、最終的に何を購入するか結論を出そうと思います。ポイント等をうまく利用することで、経済的に作り上げようと思います。

でも・・・

やっぱり・・・

RAID-1を構成したいですぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Celeron G550が登場したみたい

そういえば、6月3日に発表だと思っていたら、Celeron G550がネット通販の広告には掲載されていました。価格的には、4,600円くらいのようです。

これと同時に、Pentium G870も登場しているようですが、こちらは8千円ぐらいのようです。

何が違うか?

・クロック
・キャッシュ容量
・DDR3-1333への対応

ぐらいでしょうけど、ネットを調べているとメモリの対応は気にしなくてもよさそうでした。

ファイルサーバーの構築にあたって、選択しようとしてるCPUは、基本的にCeleronですが、Pentiumも魅力的ではあります。だけど、ファイルサーバーのために、そこまで必要ないと考えています。

Celeron G530、G540、G550は性能的にはクロックの差だけです。

G530 2.4GHz  WEI/CPU値 6.1ぐらい 
G540 2.5GHz  WEI/CPU値 6.4ぐらい
G550 2.6GHz  WEI/CPU値 未発見

なので、いいところWEI/CPUは6.6ぐらいかな?そこそこ動きそうなので、Pentium G870を買わなくて済むかと。

ふと、思ったのですが、今会社で使用しているPCはAthlonII X2 250ですが、WEI/CPU値は6.5です。

えっ?

もしかしたら、Cleron G550の方が速そう・・・

4,600円の価値はありそうです。

マザーボードのBIOSはたぶん何とかなるだろうから、これで組もうかと考えています。RAID用のペアにするディスクを購入していないのですが、会社で使用している古いファイルサーバーの動作が少し怪しくなりつつあるので、最初はRAIDの構築を見送るとしても空冷をガンガンに行っていく方針として早めに構築しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉眼では見えたけど・・・

今世紀最大の天体ショーと言われた太陽のうえを金星が通過するものですが、観測メガネを使うと肉眼では見えるのですが、普通のデジカメではダメみたいでした。

太陽に比較して金星が小さすぎて、上手く写りません(笑)

手元にあった古い200万画素のデジカメでは、全く歯が立ちません。

携帯電話内蔵のカメラは1000万画素以上あるので期待したのですが、これもダメ。

写した画像を100倍にしてみたけど、無理だったので諦めました。

デジタル一眼レフ、望遠レンズと遮光フィルターがあると撮影できるんでしょうけど、私のような素人には無理です。そんな機材はありません。

先日の金環日食も、私が住む広島では部分日食で終わったし、天候のため苦労して見た程度ですから今回はどんなものか写真に記録できるかなぁ~?と期待はしていたんですけどね。

このブログを書いている時間だと、今回の天体ショーはもう少しで終わりです。

太陽は眩しく、そして赤かったなぁ・・・

20120606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

SRTSPL64.SYS でエラーが・・・

会社の上司が使用しているPC(Windows7/x64)が、昨日までは正常に稼働していたのに、今朝からエラーが発生して使えない・・・とのこと。

確認してみると、Windows7が起動して、ログイン後、デスクトップが表示されて、ディスクのアクセスランプが消えた直後ぐらいにブルースクリーンになってシステムダウン。自動的に再起動して、これを繰り返す状態。

SRTSPL64.SYSでエラーが発生しているようです。

めちゃんこ焦りました。.SYSファイルでのエラーは、最悪の場合はOSの再インストールも想定されることから、嫌な予感がしました。

とりあえず、インターネットで調べてみたら、答えがありました。

シマンテック製のウイルス対策ソフトで発生している模様ですが、日本語で書かれている対処方法は僅かしかなく、滅多に発生していないものと判断しました。

参考にしたホームページは次のサイトですが、これで対処できました。感謝感激です!

http://sukidesurobocon.blog.shinobi.jp/Entry/459/

備忘録として、下記に書いておくことにします。

1.セーフティーモードで起動する。
2.MSCONFIGを起動する。
3.スタートアップのタブを選択
4.Symantec製ウイルス化対策ソフトからチェックを外す
(サービスのタブからチェックを外してもいいようです)
5.OKを押して、保存する
6.PCを再起動
7.Symantec製ウイルス対策ソフトをアンインストール
8.PCを再起動
9.Symantec製ウイルス対策ソフトをインストール

滅多に見かけないエラーで、対策方法が簡単に見つかれば安心ですが、英語のサイトばかりだったりすると困りものです。また、OSを再インストールになると更に面倒。

完璧な物はあり得ない・・・

と、いう感じを受けました。自分が使用しているパソコンのデータバックアップは毎日しているので、最悪の場合は代用できるPCを用意してデータを移して使えばそれでいいのですが、バックアップがしてない場合は、ハードディスクを取り外して、データを抜き出す作業から始めないといけないので時間が余計にかかります。

日頃からのバックアップは絶対に必須ですが、緊急時の代替機を用意してやくことが必要になりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »