« 電源不要のシンクライアント!? | トップページ | 少し気になったRAIDユニット »

2012年6月24日 (日)

レンタルサーバーが停止したら

インターネットの記事を読んでいたら、ファーストサーハーというホスティング企業のサーバーからデータが消失したとのこと。だけど、データの復旧ができないものもあるようで、とんでもない事態になっているみたい。すべてのサーバーからデータが消えたというわけではないようですが、一部は消えていることにまがいないようですし、復旧にも時間がかかるようです。

私の勤務先もウェブサーバーとメールサーバーはホスティングしています。ただ、有償のバックアップサービスを付加しているので、前日の状態にまでは復旧できるものと思っています。

ただ、無償で付いているグループウェアは、サーバーが異なるようなので無理かもしれませんけどね。

今回のことから言えることは、完全無欠のサーバーは極少数なのかもしれません。また、最近普及しつつあるクラウドサービスについても同様です。基幹系システムを稼働させていた場合には、取り返しのつかないことになります。賠償金を貰っただけでは済まされないリスクがあります。

データが消失することについて、約款などで「ユーザーは必要に応じてバックアップをとること」になっているんだと思いますが、作業を一つ終えただけでバックアップをしていては仕事ははかどりません。安全な作業環境を作るためにホスティングサービスやクラウドサービスを利用しているのに、サーバーからデータが消えたとなるとどうにもなりません。

私も会社の基幹系システムについて、最近考えていたことは、ミラーサーバーが必要になる時が来るかもしれないこと。

基幹系システムは、内部でミラーリングしたシステムで稼働していますが、サーバーのハードウェア異常やミラーリング構成が崩れたとき、-に代替サーバーが無いこと。当然、メーカーが代替サーバーを貸し出してくれるわけでもなく、サーバーの設定に時間を要することになるから、その間は何もできません。

先日、会社で数年間使用しているファイルサーバーのミラーリングしているディスクが1個クラッシュしたようだったのですが、その予兆ともいえる現象があったことを確認しています。ミラーリングでは読み出し出来なかったファイルが、クラッシュしたディスクを外した途端に読み書きできるようになったこと。このケースは、たまたま、運が良かっただけかもしれませんけどね。ただ、基幹系システムだとこうは簡単に済まないと予想されます。

フォールトレランスを考えたサーバー構成になると、クラスターになってくるのかもしれません。今回製作を予定しているファイルサーバーをクラスタリングして、ホットスタンバイにしてしまうというのも方法じゃないかと思ってます。こうしておけば、安心して作業ができます。

ここで問題になることは、私はクラスタリングの設定をしたこともありません。言葉の意味は知っていても設定については全くの無知。ネットを調べただけでできるようなものであれば苦労はしないと思いますが・・・たぶん無理なんだろうなぁ。一応、調べてみようとは思いますけどね。

いずれにせよ、今回のレンタルサーバーからのデータ消失はホスティングサービスやクラウドサービスのあり方、特にサーバー運用者側の運用管理にかかる問題、そしてユーザー側においてはバックアップのタイミングや自動化について問題を投げかけているものと思います。

大事なデータが消失してからでは、取り返しがつきません。

運用者側だけの問題として考えず、利用者側の問題としても考えていくべき良い機会だと思います。

|

« 電源不要のシンクライアント!? | トップページ | 少し気になったRAIDユニット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/55036667

この記事へのトラックバック一覧です: レンタルサーバーが停止したら:

« 電源不要のシンクライアント!? | トップページ | 少し気になったRAIDユニット »