« WindowsServer2012 RC版をDL中 | トップページ | Socket370 まだまだ現役! »

2012年7月29日 (日)

WindowsServer2012RCインストール

昨日ダウンロードしたWindowsServer2012RC版をインストールしてみました。

PCについては、先日自作したCeleron G540を搭載し、RAID-1(オンボード)を構成しているものです。

インストール自体は、Windows7と比較して、ほとんど変わりはありませんでした。RC版ということで、正式に登場したらどうなるのかな?と思いましたけど、たぶん変わりはないと思ってます。

インストールは、非常に早く終わってしまい、Windows7と変わりないぐらい、またはそれ以上に速かったかも。

まず、心配していたRAID用のドライバは、Windows7用が使えました。というか、64bit版のドライバであれば大丈夫なのかもしれません。私が使用したのは、マザーボードに添付されていたDVDに入っていたMarvellのドライバを使っただけですから。

Device_2012


ハードウェアに標準で認識できないデバイスが発生しましたが、これもDVDから自動的に読み込ませて完了。

Device_comp_2012


あっという間に、インストールが終わってしまいました。

雰囲気的には、Windows7/64bit版が稼働すれば、ハードウェアは認識できそうな感じ。さらにいえば、Windows8も問題なく動くものと感じています。ハードウェアの認識で問題は発生しないものと感じています。

画面を見てビックリですね。

「スタートボタンが無い」

と、いうのは聞いたりスクリーンショットで見ていましたが・・・

Desktop_2012


「本当にないんだぁ・・・」

まぁ、それはそれでいいかもしれません。スッキリしていますから(笑)

慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、問題ないでしょう。コントロールパネル等を表示させると、Windows7等で使い慣れたものでしたから、そのあたりは違和感がありません。

Ctrlpanel_2012sv


違和感があったのは、タスクマネージャですね~。

ちょっと変わってきてました。スクリーンショットを貼っておきますが、みなさんはどう思われるでしょうか?

Tskmgr2_2012


個人的には、理論的なコアの数だけCPUの稼働率のグラフがあったのが、1つに統一されてしまったことかな?それとも、オプションで表示できるんでしょうか?表示が変わったことに驚きましたが、すっきりしていいかもね。

Application_2012


昨夜、作業をしたのはここまでで。

若干の違和感はあるのですが、使えそうですね。

|

« WindowsServer2012 RC版をDL中 | トップページ | Socket370 まだまだ現役! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/55303872

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsServer2012RCインストール:

« WindowsServer2012 RC版をDL中 | トップページ | Socket370 まだまだ現役! »