« Server OSは、2008 R2 or 2012? | トップページ | とりあえず手持ちのパーツで »

2012年8月28日 (火)

こんな使い方は壊れます!

会社で、「PCの調子が悪いんだけど」と相談がありました。

動くときは動くけど、時たま固まってしまう・・・というもの。

原因は、マザーボードの電解コンデンサの容量抜け。少し膨らんでいます。

相談者のところに行った時点で、想像がつきました。メーカー製のPCは基本的に空冷仕様です。空冷するために、外気取り込み口がメッシュやスリットになっているのですが、この部分を塞いでしまうと外気が取り込めなくなり、必然的に熱がこもってしまいます。

今回のPCは、外気取り込み口だけではなく、電源ユニットの側面にも排熱用に作ってあるスリットの部分まで書類で塞いでありました。

こんな状況では、十分な排熱ができません。たとえて言うなら・・・

PCの熱中症

です。

他にも雑談的に話をしている中で、こんな話もありました。

時々、電源を切らずに帰っている!

周囲の社員も気遣ってほしいですね。サーバーではないんだから、24時間稼働状態は困ります。それでなくても、Socket478時代の大量発熱型PCなんですから。

古いのは捨てて新しいのを買えばいい、という考え方をしていると、全員のPCを新調しないといけないし、経費がいくらあっても足りません。そんな習慣が広まると、少し動作が遅くなったぐらいのことで、買い替えしなければならなくなるので、3~4年おきに買替しなければならなくなりそうです。メールとインターネットが中心で、たまにExcel/Wordをする程度のことで高性能なPCは不要です。

何を考えているのかわかりませんが、こんなつまらない使い方でPCを壊されたんではたまったもんじゃありません。

古いPCで、Windows XPが稼働していたのがあるのですが、直せるかなぁ~?

比較的新しいPCの予備がないので思案中・・・。

やれやれです。

|

« Server OSは、2008 R2 or 2012? | トップページ | とりあえず手持ちのパーツで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/55526598

この記事へのトラックバック一覧です: こんな使い方は壊れます!:

« Server OSは、2008 R2 or 2012? | トップページ | とりあえず手持ちのパーツで »