« 結局、775マザーボードを購入 | トップページ | SQL2012の更新ファイルは400MB超! »

2012年10月12日 (金)

Adobe Acrobat XIが登場するみたい

データをPDF形式に変換するソフトは多数ありますが、Adobeからも新バージョンが登場するようです。

情報を見ていたら、今月下旬に発売開始のようですが、Windows8の発売開始に同期しているようです。なんだか、マイクロソフト社から新しいOSが発売されるたびに、バージョンアップされている気がしています。

だけど、Adobeの製品はちょっと?お高いですね~。様々なPDF変換ソフトが発売されていますが、その中でも一番高いと感じています。機能も豊富でしょうけど、もう少し安くなってほしいと思います。

ただ、1個購入すれば、個人利用に限って、同時利用しないことを条件に自宅と会社のPCにインストールできるという2ライセンス分の利用が可能だから高いのかも?この点は、意外と知らない人もいたりするようですが・・・。

個人的には、Acorbat9/10のOEM版を所有しているから、アップデート版を購入することが可能ですが、当分は買わない予定です。OEM版からもバージョンアップ版が購入可能なことはメーカーに確認しましたが、どんどんバージョンアップしていたら懐が耐えきれません。

さらに、日本語版の異常までな高値には閉口してしまいます。海外のサイトを見ていると英語版は日本語版よりもビックリするほどに安いんです。外国為替相場が円高なのでそのように感じてしまうのかもしれませんが、製品版を比較すると驚きの価格差です。輸入したいと考えたこともありますが、対応言語の問題もあるのでしていません。

ちなみに、OEM版は通信販売で比較的容易に購入できます。これがまた安くて、まともに製品版を購入することがバカバカしくなります。Acrobat 9/Xでも4千円程度から購入できるようです(送料は無視してます)。私も、そんな価格で購入しましたけどね。

何とかしてほしい価格、という感じです。

まぁ、新しいバージョンが発売されるということは、良いことなんですけど・・・。

|

« 結局、775マザーボードを購入 | トップページ | SQL2012の更新ファイルは400MB超! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/55872329

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Acrobat XIが登場するみたい:

« 結局、775マザーボードを購入 | トップページ | SQL2012の更新ファイルは400MB超! »