« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

Windows7のインストール環境

これまでの経験から、Windows7をインストールする環境が自分なりにわかってきた気がします。

今さら関係ないことかもしれませんが、備忘録的に書いておこうと思います。

【CPU】

基本的にはマイクロソフトのホームページ書いてある通りですが、1GHz以上になっているから、極端なところではSocket370時代のPentium3/Celeronでも可能になりますが、ちょっと現実的ではないと感じます。最低でも、Intel Pentium4(Northwood)以上、AMD Athlon 2500+(Barton)以上が欲しいと思います。

【RAM】

基本的には32bit版1GB以上、64bit版2GB以上ですが、オンボードグラフィックを利用する場合は、更に1GB以上をプラスしておいた方がいいかと思います。思いのほかオンボードグラフィックにメモリをシェアされてはたまりません。

【HDD】

ある程度の容量を搭載しておかないと全体的なパフォーマンスにも影響が出ることから、80GB以上が必要だと感じます。今さら80GBって、入手するとしたら中古か再生品ぐらいだと思います。データを十分に保存したいのであれば、新品の大容量ディスクを搭載するのが最良。

【VGA】

グラフィックボードを搭載するのであれば、nVidia系であればFX5シリーズ以降、ATI系であれば、Radeon9600以降の製品がドライバーも存在することから大丈夫のようです。ただ、Aeroやゲームグラフィックの値は低い数値になります。マザーボードとの相性もあるので、無理な投資は禁物です。AGPバスを使うVGAカードの場合は、期待しない方がいいと思うし、あえてVGAカードを購入することは無駄な投資になります。また、オンボードの場合は、注意が必要。Pentium4時代のチップセットによるグラフィック環境はAeroやゲームグラフィックの値が1.0という最低数値を示すことになるでしょうから、よく考えておく必要があると思います。極一部のマザーボードにnVidia系の統合チップを搭載したものがありましたが、このあたりだと少しはまともに使えるかもしれません。オンボードチップを利用する場合は、最低でもIntel系だと945Gあたりから、AMD系だと690G?(試してないので確証はないのですが・・・780Gは間違いなく使えます)になると思います。

光学系ドライブは、何でもOKなので、用途により選べばいいと思います。

個人的には、Intel系のCPUを使うのであればCore2世代以降、AMD系のCPUを使うのであれば、Athlon64以降を使うのがいいと思います。Pentium4でもNorthwood系以降であればオフィス用途であれば使えますが、グラフィック系が非常に弱いので考えないといけないと感じています。

成功と一部失敗を繰り返しながら体感できたイメージを書きました。

レガシーなPCにWindows7のインストールを考えている場合、これからWindows8の導入をしようとしている方のために参考になればいいんですけどね。

Windows8になると、ドライバーが揃っているかどうかわからないので、そのうち調査してみようと思います。環境的には似ていると思うんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

Windows8は明日から発売

Windows8_logo


いよいよ明日からWindows8が発売されます。と、いうか一部のショップでは今夜からのイベントで発売されるようですね。

以前、Windows8 RTM版を試験的にインストールしてみた際に、個人的に感じたことは、刷新されたデスクトップに馴染めない、ということ。慣れるまでが大変かと感じています。これまで慣れ親しんできたWindows7までのイメージが一気に変わった感じなので、慣れるまでが大変かな~。

とりあえず、暫くはこのままWindows7を使用していくつもりですが、何れはWindows8への乗り換えが必要になると思うので、頃合いを見て、やってみようと思います。

ただ、Windows8の特筆すべきことは、起動が早いこと。これまでのクライアントOSから考えると早くなっているのが体感できます。メモリをしっかり搭載しておけば、サクサク動くものと思います。

個人的には、64ビット推進派であり、32ビット版はメモリの制約が付きまとうのでお勧めしません。折角なので、64ビット版にして最低でも4GB、できれば標準で8GBを搭載することで作業の効率化を進めるのがいいと思います。数十MBもあるようなEXCELの巨大なファイルを開いた際に、意外とメモリを消費していることがあります。経験から言えることは32ビット版は一般のオフィスワーク用かと思います。個人ユースであれば、64ビット版をお勧めしたいですね。

いよいよ秒読み段階に入ったWindows8の発売。

明朝のニュースで、深夜販売の様子がみられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

Visheraは昨日発売だったらしい

色々な情報を見ていて、私はすっかり今日だとばかり思っていた発売日。ネット上の記事を読んでいたら、昨日だったようですね。

価格もFX-8350が18,000円ぐらい。

私の勝手な予想より安かったのは良かったです。安い方が購入する側にとってはインパクトが大きいですからね。

ベンチマークは色々なところに掲載されているので私は敢えて書きませんが、WEI/CPUが7.8になっているみたいでした。

比較的扱いやすいCPUだと感じていますが、8coreあるからといって、Intel製i7-3770Kとかには及ばないのですが、少しずつ近づいてきているので、これからのAMDの進撃を期待してみようと思います。

動作周波数が1GHz前後だった頃のように、Intel VS AMDのバトルを再現してほしいと思ってます・・・私だけかもしれませんけどね(笑)当時、個人的には1GHzのAthlon(Thunderbird)をASUSのA7Vに載せていました。IntelかAMDか迷うことも多く、色々と考えながら自作してました。「コア欠け」「焼き鳥」って言葉が懐かしいです(笑)。

脱線しましたが、無事に発売されたことは大歓迎です。

個人的には、先にA10-5800K/5700を使いたいところですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

Visheraは、明日出てくるかな?

AMDの新しいCPU Visheraシリーズ、予定通りなら明日からの発売だろうと思うのですが、予定通りに登場してくるのでしょうか?

ネットで検索していると、US$200までの価格で登場するようですが、実際の販売額はいくらになるんだろう?勝手な予測では、FX-8350は18K~20K円程度と考えていますけどね。あたらしいCPUが出てきた際に価格をみていると、たいていの場合は米ドル表示価格に100を乗じた結果が、当初の国内販売価格に近い感じです。となると、FX-8350はUS$199なので2万円ってところかなぁ~。

勝手に決めつけちゃいけませんね(笑)

今回気にしているのは、もちろんFX-8350です。FX-8150と比較して実際にどの程度の性能向上が見られるか気がかりです。また、単純比較はできませんが、自分が使用しているFX-4170との性能差も気になるところ。

とりあえず、懐に余裕がないので、もう少し情報を集めながら静観しようと思います。

その前に、Aシリーズを利用して、会社で使用しているPCのパワーアップをしたいんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

安いから買いたいなぁ!

何気なくネット通販を見ていたら、ドスパラのホームページCPUとマザーボードのセット販売がありました。

Celeron G550とGigabyte製H61チップマザーボードの組み合わせが安いです!他のネットショップも同様のキャンぺーンを実施しているか不明ですが、お買い得だと思います。

Dospara_celeron1


この組み合わせに、DDR3規格のメモリ、HDD、DVDドライブ、ケースがあれば完成。仮にメモリを4GB、HDDは500GBで試算してみると・・・最安値の製品で構成しても18,500円ぐらいかな。Windows7もDSPが購入できることから、3万円でお釣りがきます。さらにワイド液晶を付けても4万円程度で構成完了。おっと、Excel/Wordが必要であれば、OEM板を付けてしまうことで製品版よりも安く構成できると思います。

メールやネット、Excel/Wordをするぐらいの用途であれば、お手頃だと思います。ゲームをしないのであれば、ベストチョイスになると思います。

これだけの価格で1台出来てしまうこと、本当にすごいことだと思います。

1セット購入しておきたいと感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

HDDの価格が下がってきてる

ちょうど一年前、タイで発生した大洪水で一時は品不足になるまで急騰したHDDの価格ですが、ずいぶん下落してきています。一年前の価格まで、あともう少しといったところでしょうか。

昨年の洪水前には、3.5インチ500GBのHDDであれば、3千円台で購入することができましたが、洪水で工場が打撃を受け始めると、約1万円にまで急騰。

このときは、さすがに驚きました。価格の誤表示だと思い、様々なショップのホームページを確認すると、軒並み上がってました。その情報を確認し、価格が上がらないうちに数個を確保しようと、コンプマートに急行し3個を確保。ここは、通常でも他のショップよりも多少高いのですが、値上げ前価格で購入しました。

今春から少しずつ価格が下がり始めましたが、やっと買いやすくなり始めたかと思ってます。だけど、まだまだ高いのは間違いないんですけどね。HDDの価格が高水準を維持している間に、SSDが普及しつつある感じがしていますが、まだまだ高価ですね~。なかなか手が出せません。

500GBのHDDがやっと4千円台半ばまで下がってきたので、これからは比較的購入しやすくなるかと思います。ただ、大容量化が進んでいるので、500GBはそんなに使われなくなるのかもしれませんが、起動用のシステムディスクとして使用するには手頃なんですけどね~。まぁ、将来的なことを考えると、RAIDを構成する場合には買い置きが必要になると思います。

今からの時代は、1TB~2TBぐらいのHDDを使用してRAIDを構成するようになるんだと考えていますが、用途を考えて構成しないといけないですね。クラッシュするときは、容量が大きいだけに被害は甚大になりますから。

だけど、価格が下がってきたことは喜ばしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

SQL2012の更新ファイルは400MB超!

暫く電源を入れていなかったServer用PCを起動して、Windows Updateを実行してみると約20個の更新ファイルがありました。総容量470MBぐらいあります。

なかでも、SQL用の更新ファイルは400MBを超える超大型!

マジでビックリしました。

更新ファイルをダウンロードして、適用するのに結構時間がかかりました。久しぶりに超大型の更新だなぁ、と感じています。

サービスパックが登場した時ぐらいのインパクトがありました。

あっ・・・

会社のサーバーPCは、どうなっているのかな?SQLサーバーが稼働しているので、ふと気になりました。今日メンテナンスしたPCとはバージョンが異なることから、どうなんだろうか?と思ってます。

月曜日に確認してみないと解りませんが、もし更新ファイルが表示されたら、どのタイミングで実施しようかと思案中。

だけど、こんな大型の更新ファイルが出てくるとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

Adobe Acrobat XIが登場するみたい

データをPDF形式に変換するソフトは多数ありますが、Adobeからも新バージョンが登場するようです。

情報を見ていたら、今月下旬に発売開始のようですが、Windows8の発売開始に同期しているようです。なんだか、マイクロソフト社から新しいOSが発売されるたびに、バージョンアップされている気がしています。

だけど、Adobeの製品はちょっと?お高いですね~。様々なPDF変換ソフトが発売されていますが、その中でも一番高いと感じています。機能も豊富でしょうけど、もう少し安くなってほしいと思います。

ただ、1個購入すれば、個人利用に限って、同時利用しないことを条件に自宅と会社のPCにインストールできるという2ライセンス分の利用が可能だから高いのかも?この点は、意外と知らない人もいたりするようですが・・・。

個人的には、Acorbat9/10のOEM版を所有しているから、アップデート版を購入することが可能ですが、当分は買わない予定です。OEM版からもバージョンアップ版が購入可能なことはメーカーに確認しましたが、どんどんバージョンアップしていたら懐が耐えきれません。

さらに、日本語版の異常までな高値には閉口してしまいます。海外のサイトを見ていると英語版は日本語版よりもビックリするほどに安いんです。外国為替相場が円高なのでそのように感じてしまうのかもしれませんが、製品版を比較すると驚きの価格差です。輸入したいと考えたこともありますが、対応言語の問題もあるのでしていません。

ちなみに、OEM版は通信販売で比較的容易に購入できます。これがまた安くて、まともに製品版を購入することがバカバカしくなります。Acrobat 9/Xでも4千円程度から購入できるようです(送料は無視してます)。私も、そんな価格で購入しましたけどね。

何とかしてほしい価格、という感じです。

まぁ、新しいバージョンが発売されるということは、良いことなんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

結局、775マザーボードを購入

実家から持ち帰った古いPCをメンテナンスしていて、Windows XPをインストールした直後に、MS Security Essentialsでトラブルが発生したこと、また、よく考えてみるとWindows XPのサポート期限が短いことからWindows7にしておいた方が賢明だろう、と思い一昨日仕事帰りにドスパラ広島店に立ち寄って購入しました。

今回購入したのは、Asrock G41M-GS3というMicroATX規格の製品。DDR3メモリが使えて、オンボードVGAもWindows7に対応してて、価格も3,980円ということでお手頃。

G41mgs3

帰宅後、組み立ててみました。

まぁ、特に変わったところもないので、すぐに組みあがり、電源オン!

ピーッ ピーッ ピーッ !?

エラーのビープ音がして、BIOS画面に到達できません。配線を誤った様子もなく、電源を切ってマニュアルを読んでいると・・・

見つかりました!

ジャンパー設定が必要になってます。このマザーボードは、FSBの対応が533~1333まで可能ではありますが、オートでやってくれないみたいです。FSBが800と1066はデフォルトで稼働するような感じですが、FSBが533と1333はジャンパー設定が必要です。

CPUのFSBが533であることから、ジャンパー設定を533用に設定して電源を入れてみると、無事に起動しました。

ジャンパー設定が必要なマザーボードって、いつ以来かなぁ・・・

ただ、メモリもDDR3-533って、BIOS画面で表示されています(笑)CPUとRAMは別々にコントロールされていない感じです。まぁ、価格的にもお安いので仕方ないかもね。

でもねぁ・・・

DDR3-533って・・・

実際に搭載しているメモリは、Corsair製のDR3-1333/2GBを2枚という状態。このまま、使うのはもったいないなぁ・・・。

と、なると何とかしたくなります。

結局、昨日仕事帰りに、中古のCore2Duo E6750を約3,300円で購入。

帰宅して、取り付けて、シャンパー設定をFSB1333に変更して、起動。

全て問題なく起動し、FSB1333で認識されてます。

Asrockのホームページを確認してみると、このマザーボードはFSB1333については、オーバークロックの設定になるようです。

そこまで確認しなかった私も悪いんですけどね~。

結果的に、7,300円ほど使ってしまいました。

Windows7をインストールしてみると、無事にインストールでき、デバイスも全て認識されており、マザーボードに添付されているドライバーCDは使用していません。

お金をかけずに済ませようと思っていたのに・・・

考えてみると、LGA1155のマザーボードを購入して、Celeronぐらいで稼働させる状況を想定した場合と費用的には変わらないなぁ。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

MS Security Essentials KB2754296は、要注意!

マイクロソフトのSecurity Essentialsの更新ファイルで、KB2754296で不可思議なエラーが発生しました。

今回は、Windows XPをインストールしたPCです。

更新ファイルとして自動的にWindows Updateからダウンロードしてきたので、インストールしてみました。

だけど、何故か進まない。

なんで?

画面を見ていると、途中で止まってしまっています。インストールが完了と表示されているけど、全く進んでおらず、なにかEPP.MSIというファイルの場所を要求しています。EPP.MSIのファイルがある場所を検索して、指定したけどダメ。エラーで全く進みません。

どうにもならないので、一度アンインストールしようとしました。プログラムの削除を試したけど、インストール時と同様にファイルの場所を聞いてきます。それを指定してもアンインストールできません。

MSCONFIGを起動し、スタートアップのタブで起動しないように設定変更して、セーフモードで再起動後、削除を試みたけどダメ。

結果的にアンインストールできない状態。

困ったことです。

ネットを探したけど、決定的な解決方法を自力で見つけることができていません。

Windows Installerが破損しているという結論めいたのはありました。OSをクリーンインストールした後、幾つかのアプリケーションをインストールした直後にインストーラーが破損しているってことがあるのか不思議です。ただ、症状からすると、他に考えられません。

ディスクに問題があるのか、それとも古いCD-ROMドライブに問題があるのか・・・原因はわかりません。

せっかくインストールしたのに、また初めから入れ直しかなぁ・・・。

それとも先日の記事に書いたけど、マザーボードを交換して、Windows7にしてしまうかなぁ?

費用がかかるからしたくないんだけどなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

Pentium4/LGA775はジャンクが多い?

実家からOS再インストールのために持ち帰った古いPCにWindows XPをインストールしてみました。CPUの動作状況も確認しようとタスクマネージャを確認してみると、スレッドが1個しかありません。

Pentium4/LGA775版なので、HTでスレッドが2個あるものと思っていたのですけど、この石は、1スレッド版のPentium4 505でした。

せっかく稼働させるのなら、HTが動作している方がいいと思い、中古のCPUを探してみたけど、思うほど見つかりません。なかには、価格100円!と思ったら、ジャンク扱いになっているものも見受けられ、これまでのユーザーがオーバークロック等でかなり無理をさせたものが多いのか、それとも熱伝導の効率を向上させるために表面を削っているのか、通販だと状況がわかりません。

意外と中古で販売されているものが少ないので、驚いてます。

こうなったら、お金をかけずにこのまま使うしかないのかもしれません。時間があれば、広島市内のPCショップの店頭で中古品を探してみようと思いますが、LGA775版のPentium4は意外と見たことがありません。S478版は意外と出てくることがあるんですけどねぇ。

このPCは、今回のインストールを最終回にして使い切るしかないかもね。

何かいい方法がないかと考えているんですけど、調べていたらマザーボードにお金を投資する方法もありました。

GigabyteのGA-G41M-COMBOという製品。5千円前後しますが、凄いマザーボードでした。

対応するCPUが多いこと。PrescottoからYorkfieldまで対応するようです。また、対応OSもWindows XPからWindows7まで対応します。メモリもDDR2/DDR3対応(排他利用)なので、格安です。さらに、オンボードVGAでWindows7にも対応できるから、オフィス用途だったらビデオカードも不要。IDEもSATAも使えるし、今となっては生産させれていないFDDポートもみうけられます。

まぁ、こんなマザーボードをよく考えたものだと感心しています。

古いパーツで組むにはちょうどいいかもね。

Pentium4/LGA775版でいいのがなかったら、中古のCore2DuoやQuadで組むのもいいかもしれません。エコPCができそう(笑)

話がそれてしまいましたが、中古のPentium4/LGA775版の数の無さに驚いてしまった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

セットで3千円引きは朗報だけど

懐に余裕がないときに限って、こんな販売があったりするんですよね。

昨日、仕事帰りに広島市中心部にあるドスパラ広島店に立ち寄ってみたところ、AシリーズCPUとマザーボードが販売されていました。

何気なく見ていると、指定CPUとM/Bを同時購入で、3千円引き!になっていました。在庫もありそうだったので欲しくなったのですが、懐に余裕がないので購入しませんでした。クレジット払いという方法もありますが、物欲に負けて購入意欲が高まってしまうと墓穴を掘りかねません。そんなわけで、購入したい意欲を何とか抑えました。

地方ということで、たまたま在庫があったのかもしれません。だけど、高性能という評価が出てくれば一気になくなるのかもしれません。今後の動向を注視したいと思います。

あとは、今月下旬に予定されているVisheraだけど、こっちは大丈夫なのかなぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

AMD Trinityは無事に発進した!

色々なメールニュースやインターネット通販のページを見ていると、無事にTrinityは発売されているようです。CPU自体は発売直後ということで、比較的潤沢にある感じを受けました。過去にAシリーズは、発売直後から品不足を起こす傾向がありましたが、今回は大丈夫であることを祈ってます。

Amd_a_series_trinity


ただ・・・

一部のショップでは、マザーボードが売り切れになっているものもあるようです。製品によっては次回の入荷時期が不明になっているものもあります。マザーボードの争奪戦になっている様子が伺えます。広島市内の点灯でも購入できそうなところで、ドスパラのホームページを見てみると、大半が売り切れ状態。A85チップセットを搭載したものは、売り切れになっていました。実際に店頭に行けばあるかどうかは不明です。時間があれば仕事帰りに立ち寄ってみたいと考えていますが・・・ネット販売がこの状態だと在庫はないかもしれません。

個人的に、仕事で使用しているPCをTrinity搭載PCに替えたいと考えているのですが、もう暫くはお預けになりそうな予感。オーバークロックは考えていないので、CPUはA10 5700あたりを、また、マザーボードは折角なのでA85Xチップセットを搭載したものが欲しいと考えています。メモリは8GB程度あれば十分かと。高性能なPCが格安で出来そうなので、期待しています。

なにはともあれ、無事に発売されてよかったです!

あっ、海外のサイトにWEIの値が掲載されたところがありましたので、参考までに・・・。

Trinity_5800k_wei

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

WindowsUpdateができない!?

実家に帰った際にPCのメンテナンスをしていたら、1台だけWindows7が稼働するPCでWindowsUpdateができない症状に遭遇。

WindowsUpdateがサービスとして起動されていない

と、表示されています。原因がわからず、「更新プログラムの確認」を押してみたけど同じ症状になってしまいます。再起動しても同じ状態。

インターネットで検索してみることにしました。色々な方法が出てきました。うまく解決できなかった事例もありましたが、バッチファイルを起動するのが適切かなぁ~、と思いながら他のページを探していたら、思わずそのページを閉じてしまいました。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

仕方なく再検索していたら、簡単な方法が出ていました。参照させていただいたサイトは、次のところ。

http://nofx2.txt-nifty.com/it/2012/05/windows7-window.html

WindowsUpdateの設定を変更する方法です。

Winupd_select_before


「更新プログラムを自動的にインストールする」

「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」

に変更するだけ。これを行うだけで、勝手に自動更新のチェックが始まります。

工エエェェヽ(゚д゚)ノェェエエ工工!!??

こんな方法で解決してしまうとは・・・。「押してもダメなら引いてみな!」的な解決方法でしたが、これだけで解決。

意外な解決方法に唖然です。

今後、こんな症状に遭遇したら試してみるよう進めていこうと思います。原因はわかりません。Intel Rapid Storage Technologyが原因だという記事も解決策を探している際にありましたが、真偽は不明。

いずれにしても、こんな簡単な方法で解決できることがわかり、安心しました。

でも、こんなつまらないバグが出てくるとはねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »