« AM3+/AM3対応MicroATXマザーボード | トップページ | 続 Windows Server 2012ウイルス対策 »

2012年12月 3日 (月)

WindowsServer2012ウイルス対策

Windows Server 2012のインストールは、あっという間に終わり、デバイスのドライバーも簡単にインストールして終了。

Rapit Storage Technologyもあっけなくインストールでき、無事に稼働しています。これについては、ドライバーCDに入っていたものをインストールしたので、インテルのサイトから最新版をダウンロードするのが最良だと思います。まぁ、今夜でも試してみようと思います。

セキュリティー対策ですが・・・

結論から言えば、悪戦苦闘中です。

セキュリティーソフトメーカーが対応版を発表してくれないので、Microsoftの製品を試していますが、OSのパーションが違うとか、統合されたシステムになっていたりして、仕組みが理解できないものもあったりします。

まぁ、私がSEとかいうわけではないので、わからないことが多いというのが本当のところだと思います。

インターネットを検索していたら、実行ファイルの互換性を変更して実行すれば良い、という内容の記事を見つけたのですが、夜遅い時間に見つけたので、試行するのは今夜あたりにでも・・・。

なかなか手ごわいです。

セキュリティーの問題が解決できなければ、Windows Server 2008 R2で再設定をしようと思います。こちらについては、各メーカーからセキュリティー対策ソフトも発売されているので問題ないですからね。

だけど、各メーカーの対応が遅れているのは何故なんでしょう?

Windows Server 2012が発売されてから既に3ヶ月を経過しているのに、未だに対応版が出てこないから、導入に踏み切れない企業もあるのではないでしょうか?今の時代、セキュリティーソフトが導入されていないサーバーなんて使えません。ライセンス契約している企業も多いと思いますので、早期に対応して欲しいと思ってます。

愚痴を言っても始まらないので、今夜も帰宅したらサーバーOSにトライしてみようと思います。

|

« AM3+/AM3対応MicroATXマザーボード | トップページ | 続 Windows Server 2012ウイルス対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/56242824

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsServer2012ウイルス対策:

« AM3+/AM3対応MicroATXマザーボード | トップページ | 続 Windows Server 2012ウイルス対策 »