« (続編) 古いPCを直した | トップページ | 購入直後に値上がり・・・USB3.0カード »

2013年5月15日 (水)

10GbpsLANはさすがに高価だ~

今日届いたメールニュースを読んでいたら、某社から10Gbpsに対応のLANケーブルが発売になったと書いてありました。価格もちょっと?お高いですけどね。

こういうケーブルが発売されてきたということは、そろそろ10Gbps対応のスイッチングハブも低価格化か?と思ったら全然そうではありませんでした。

LANカードも同様に非常に高価で、誰がどう見たってコンシューマー向けのような価格ではありません。明らかに企業向けという感じを受けるものばかりです。

10Gbpsに関するネットワークの記事をネット上で見つけて、読んでいたらデータ転送は凄い速さになっており、大容量のデータも安心して転送できそうだし、バックアップの速度も満足できると想像できるものでした。

データの大容量化に伴い、ネットワークの存在は非常に重要になってきており、速度が遅ければ企業活動においては業務のボトルネックになってしまうし、個人ユースにおいてもデータを他のPCに転送する場合はイライラのもとになってしまいます。

小規模名企業や個人ユースでも1GbpsでのLANが常態化しつつあるように感じているので、10Gbpsの低価格化が望まれるところです。まぁ、価格が価格だけに当面は簡単に下がらないでしょう。

何十万円、何百万円も投資して超高速ネットワークを構築するのは、小規模な企業にとってもさすがにできませんし、明らかに自殺行為。個人レベルでは当面は普及しないでしょう。だけど、インターネットの記事で見かけた転送速度はPCに搭載してある高速SSDの読み書きレベルでしたから、超快適なんですけどね~。

何とか低価格化してほしいところですが、当面は指をくわえてみているだけかも・・・。

|

« (続編) 古いPCを直した | トップページ | 購入直後に値上がり・・・USB3.0カード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/57388245

この記事へのトラックバック一覧です: 10GbpsLANはさすがに高価だ~:

« (続編) 古いPCを直した | トップページ | 購入直後に値上がり・・・USB3.0カード »