« 昨年購入したRAMの価格は2~3倍超に | トップページ | ドスパラの深夜販売って? »

2013年5月28日 (火)

FMV-D5340の強制空冷を考えた

現在、サーバー機として活用しているFMV-D5340。24時間稼働であることから、これから夏に向けて空冷を考えないといけなくなってきました。

TDPが30~40W程度のCPUを使用しているのであれば、そこまで考えなくてもいいと思いますが、現在はTDP65WのCore2Duo E6600を搭載しています。まぁ、標準仕様のCPUと変わりないのですが、あの筐体は窒息しそうな筐体。

さらに、背面ファンといえば電源ユニットについているものだけで、空冷機能も弱いと感じています。

Fmvd5340_3

過去に、スリムタイプのPCを使っていて空冷で失敗したこともあります。自作機ではなくメーカー製のサーバー機でしたが、RAIDを構成し、比較的消費電力の低いVGAカードを搭載していたにもかかわらず、CPU周りの電解コンデンサがパンクしたため起動できなくなりました。その機種はPentium4(Northwood)を搭載し、強制空冷用に小さなファンが3個も搭載されていましたが、結局は熱で終わり。

これからの夏場に向けての24時間稼働は熱との戦い。

テスクトップ機の中でも通常のタワー型だと空冷ファンを取り付けるスペースは比較的あるのですが、スリム型はそうはいきません。追加のファンを付けるところがないんですよね。けっこうギッシリですよ、このPCは。

Fmvd5340

そこで、下の写真の部分を利用して排熱する方法を考えてみました。うまくできればいいんでけど、少しプラスチック工作をしてみようと思います。ファンは、最近よくあるUSB端子に取り付ける小型の扇風機を加工して使用しようと思います。ファンを取り付けた密閉できる箱を筐体を挟みながら載せて上方に向けて中から吸い出すような形で排熱するようにすることで、少しでも排熱効率を上げてみようと思います。

Fmvd5340_2

だけど、USB端子から常時通電することは、端子が焼けないか?という疑問が残りますけど・・・。

本音からすれば、中にある4Pinから電源を取り出したいのですが、不細工になるのであまりしたくありません。

うまくいけばいいんですけどね。

|

« 昨年購入したRAMの価格は2~3倍超に | トップページ | ドスパラの深夜販売って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/57475325

この記事へのトラックバック一覧です: FMV-D5340の強制空冷を考えた:

« 昨年購入したRAMの価格は2~3倍超に | トップページ | ドスパラの深夜販売って? »