« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月28日 (火)

FMV-D5340の強制空冷を考えた

現在、サーバー機として活用しているFMV-D5340。24時間稼働であることから、これから夏に向けて空冷を考えないといけなくなってきました。

TDPが30~40W程度のCPUを使用しているのであれば、そこまで考えなくてもいいと思いますが、現在はTDP65WのCore2Duo E6600を搭載しています。まぁ、標準仕様のCPUと変わりないのですが、あの筐体は窒息しそうな筐体。

さらに、背面ファンといえば電源ユニットについているものだけで、空冷機能も弱いと感じています。

Fmvd5340_3

過去に、スリムタイプのPCを使っていて空冷で失敗したこともあります。自作機ではなくメーカー製のサーバー機でしたが、RAIDを構成し、比較的消費電力の低いVGAカードを搭載していたにもかかわらず、CPU周りの電解コンデンサがパンクしたため起動できなくなりました。その機種はPentium4(Northwood)を搭載し、強制空冷用に小さなファンが3個も搭載されていましたが、結局は熱で終わり。

これからの夏場に向けての24時間稼働は熱との戦い。

テスクトップ機の中でも通常のタワー型だと空冷ファンを取り付けるスペースは比較的あるのですが、スリム型はそうはいきません。追加のファンを付けるところがないんですよね。けっこうギッシリですよ、このPCは。

Fmvd5340

そこで、下の写真の部分を利用して排熱する方法を考えてみました。うまくできればいいんでけど、少しプラスチック工作をしてみようと思います。ファンは、最近よくあるUSB端子に取り付ける小型の扇風機を加工して使用しようと思います。ファンを取り付けた密閉できる箱を筐体を挟みながら載せて上方に向けて中から吸い出すような形で排熱するようにすることで、少しでも排熱効率を上げてみようと思います。

Fmvd5340_2

だけど、USB端子から常時通電することは、端子が焼けないか?という疑問が残りますけど・・・。

本音からすれば、中にある4Pinから電源を取り出したいのですが、不細工になるのであまりしたくありません。

うまくいけばいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

昨年購入したRAMの価格は2~3倍超に

昨年12月にメモリが値上がり傾向にあったので、勢い余ってブリスターケース入りのTranscend製デスクトップ用メモリ8GB×2を2セット購入していました。その時は、1セットが4,680円でした。たしか、店舗統合に伴う在庫処分的な販売だったと記憶しています。

で、ふとしたことから価格コムで値段を調べてみると・・

最安値が11,799円!

有名ショップでも、13,000~15,000円に!

工エエェェヽ(゚д゚)ノェェエエ工工!!??

メモリ価格はとんでもないことになっていました。

あっ、実は私はDDR3/1333を購入していたつもりが、以前のブログ記事の写真を見ていたらDDR3/1600だったみたい。買った本人がとんでもない勘違いをしていました(笑)

だけど、こんなに価格が上がると思ってもいなかったのは私だけではないと思いますが、円安が進むと、もっと値上がりするんだろうなぁ・・・と強く感じています。

良いタイミングで購入しておいてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

購入直後に値上がり・・・USB3.0カード

古いPCを直して、USB3.0をどうするか考えていたところでしたが、AMAZONギフト券もあったのでUSB3.0拡張カードを購入することにしました。

AMAZONでカードを探していたら、SilverStone製のUSB3.0カードが良さそうだったので、注文しました。月曜日に発注しましたが、1,620円でした。きちんと箱に入った状態で届きました。

Sstec03p_box

もう一枚購入しておくことも考え、AMAZONのホームページをみてみると・・・

工エエェェヽ(゚д゚)ノェェエエ工工!!??

2,221円!

なんと、値上がりしています!601円も・・・。

なんで?私が購入していた時までは、過去に仕入れた時の在庫が出荷されたのかな?だとしたら超ラッキー!

ちなみに付属しているパネルの色はシルバーですが、当面は使用予定無いのでお蔵入りになりそうです。だけど、同じ商品で黒パネルが付属しているものは2,924円で、こちらは今週初めと変わっていないような・・・。

今回はタイミングよく買えました。

まだ使用していないので、何もレヴューは書けないのですが、今夜にでも取り付けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10GbpsLANはさすがに高価だ~

今日届いたメールニュースを読んでいたら、某社から10Gbpsに対応のLANケーブルが発売になったと書いてありました。価格もちょっと?お高いですけどね。

こういうケーブルが発売されてきたということは、そろそろ10Gbps対応のスイッチングハブも低価格化か?と思ったら全然そうではありませんでした。

LANカードも同様に非常に高価で、誰がどう見たってコンシューマー向けのような価格ではありません。明らかに企業向けという感じを受けるものばかりです。

10Gbpsに関するネットワークの記事をネット上で見つけて、読んでいたらデータ転送は凄い速さになっており、大容量のデータも安心して転送できそうだし、バックアップの速度も満足できると想像できるものでした。

データの大容量化に伴い、ネットワークの存在は非常に重要になってきており、速度が遅ければ企業活動においては業務のボトルネックになってしまうし、個人ユースにおいてもデータを他のPCに転送する場合はイライラのもとになってしまいます。

小規模名企業や個人ユースでも1GbpsでのLANが常態化しつつあるように感じているので、10Gbpsの低価格化が望まれるところです。まぁ、価格が価格だけに当面は簡単に下がらないでしょう。

何十万円、何百万円も投資して超高速ネットワークを構築するのは、小規模な企業にとってもさすがにできませんし、明らかに自殺行為。個人レベルでは当面は普及しないでしょう。だけど、インターネットの記事で見かけた転送速度はPCに搭載してある高速SSDの読み書きレベルでしたから、超快適なんですけどね~。

何とか低価格化してほしいところですが、当面は指をくわえてみているだけかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

(続編) 古いPCを直した

古いPCを快適に動くようにしたのはよかったのですが、ずっと以前にフロッピードライブを取り付けていた3.5インチベイがポッカリと口を開けているのはみすぼらしく、また、古いケースであることから前面・側面ともにUSB端子が無いのは不便なので、なんとか端子を増設することを考えました。

と、いうことから、USB端子のついたカードリーダーを取り付けました。

Cimg2927


だけど・・・

最近はUSB2.0だけでなくUSB3.0端子も搭載されている製品がほとんどのようで、USB2.0だけってのは見つかりませんでした。仕方なく、USB3.0端子も搭載された製品にしたのですが、マザーボードが古いためオンボードではUSB3.0なんて当然ありません。

とりあえずUSB2.0については、マザーボードの端子にコネクタを接続して動作を確認しました。

この製品には、eSATA端子もあるので、とりあえずマザーボードのSATA端子にコネクタを接続しておきましたけど・・・。まともに動くのかなぁ~?

問題はUSB3.0です。現在は、使えない状態なのでケーブルも内部で束ねてあります。内部拡張端子が付いたボードを取り付ければ、USB3.0も使えるようになるのはわかっているのですが・・・

また、お金を使うの?

この古いPCを快適に動かせるように、既に約1万円を使っているのでここからは考えるところです。個人的にUSB3.0のインターフェースを持つドライブ類は持っていないので別に焦って取り付けることはないんですけどね。

だけど、せっかくだから勢いで拡張ボードを付けたいという自作魂もあり、はてさてどうしたものか。2千円程度で取り付けることができるのはわかっているんですけどね。

もう少し考えようかなぁ・・・と思ったり、アマゾンギフト券で購入してしまおうかと考えたり・・・。

とりあえず、今週末はこれ以上考えずに済まそうかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

意外と使えそうなんだけど・・・

OSを搭載していないサーバー機が9,800円で販売されていました。価格的に考えると完全に旧型の在庫処分ですね。

Sofmap_outlet_pc_server_hp_ml110_g7


詳細は書かないことにしますが、少しお金をかければ使い勝手はよさそうな自分好みのサーバーに仕上がりそう。クライアント用としても使えそうにもみえるんですけどね~。まぁ、ここは私の勝手な判断であって責任は持ちません。

CPUは換装可能(SandyBridge系)なようだし、ディスクもノンホットプラグですが増設可能。

問題はメモリ増設に費用が嵩みそうなこと。ECC付きのメモリになるので、一般のコンシマー向け製品では無理みたいです。これが一番の問題。

とても安価で、使えそうなんですけど・・・。

まぁ、とりあえず止めておこうかな。

何か壊れたらかんがえるかもしれませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いPCを直した MSI K9N2GM-FIH

Xeon搭載のPCを製作する予定だったのに、古いPCを早く治して別の場所に移動させないと作業スペースが確保できないので、Xeonは後回しにし、古いのを先に直すことにしてみました。

とりあえずそのままでも稼働するPCだったのですが、少しだけパワーアップすることにしました。

K9n2gmfih_img1
あっ、結局のところPCケースはそのままで使うことにしました。古いケースなので、ケース前面にはUSB端子が無いという代物。いったいどれだけ古いのか・・・たぶん、Socket370時代(PentiumII/IIIころ)のAopen製です。

Cimg2923

3.5インチベイにUSB端子を増設することにしようと思い某ショップに行ったけど、手ごろなものが無くて3.5インチベイがあいてます。また、別のショップで探すことにしようと思います。まぁ、以前はフロッピードライブがついていたんですけどね。

とりあえず動作確認からですが、手元にあったHDDと光学ドライブを接続して動作確認したところ、HDDに以上がある模様。HGSTの320GBですが、S.M.A.R.Tに異常がみられるためダメだよ~って、BIOSが拒否してます。

そのため、新品の500GBを投入することも考えたけど、Xeon用がなくなるので、他のを探して80GBx2で構成することにしました。

HDDを取り付けてOSをインストール。作業は順調に進んでいき、ドライバーも問題なく導入しました。

CPU  Athlon X2 5200+
RAM  2GB(DDR2-800 1GB*2)
M/B  MSI K9N2GM-FIH
HDD  WD 80GB*2(SATA)
VGA  Onboard
ODD  Liteon

Windows7 WEIは・・・

Onboard_vram_256mb_by_geforce8200


次に、手元にあったローレンジのVGAカードGeFoerce210を搭載してみました。古いマザーボードに比較的新しいVGAカードを搭載すると動作しない例もあったので、少し不安でしたが・・・無事に動作しました。

Windows7 WEIは・・・

Geforce_210_by_ms_driver

連休中に見ておきたい映画があったので、見に行ったついでに某ショップの中古販売で次を7,370円で購入。かなりのパワーアップになると思うけど・・・。

CPU  AMD AthlonII X4 620      5,390円
RAM  Corsair DDR2-800 1GB*2   1,980円

で、まずはRAMを増設。4GBになったので変わるものと思いますが・・・。

Windows7 WEIは・・・

Memory_2gb_to_4gb

最後にCPUですが、BIOSが初期版のようなので、BIOSの更新を行いました。古いマザーボードはDOS起動用のフロッピーディスクを作ってBIOS更新ツールとBIOSデータをコピーしてから・・・というのが順当だったように覚えていますが、フロッピードライブが手元にありません。しかたなく、MSIのLiveUpdateを使用してみることにしました。多少の不安はありましたが、無事に更新完了。更新が完了してCPUを取り替えてみました。

BIOSでもCPUを問題なく認識し、順調に起動しました。

Windows7 WEIは・・・

Cpu_up_to_athlon_x2_620_from_athlon


あっ!

凄くよくなりました。こんなに変わるんだったかなぁ?計算機能だけは一気に別物になってしまった感じです。Quad化の効果だと思います。

これだけのものになったということは、まだ暫く使えるものになったと思います。

あとは、アプリケーションのインストールをすればいいのですが、ポッカリと口を開けている3.5インチベイをUSB端子で埋めないといけないですね。

Cimg2925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »