« リテール版なし?FX-9590/9370 | トップページ | PCが起動しないよ~! »

2013年6月23日 (日)

INTEL CPU 高性能化はわかるけど

最近よく思うのは、Intel製CPUの高性能化は良いんだけど、互換性が無くなってしまうことが残念です。個人的にAMD製CPUを使うことが多かったので、一層強く思うのは仕方ないことかもしれませんが・・・。

LGA775 → LGA1156 → LGA1155 → LGA1150

こんな感じで、高性能化とともにソケットが変更されています。

LGA775以前の製品を書くときりがないのでやめておきますが、どんどん変わってきてます。AMD製CPUであれば、比較的互換性があるのでBIOSが対応していれば大丈夫だったし、対応を謳っていないマザーボードでも意外と使えたりしていました。

最近登場した第4世代のHaswellシリーズは、LGA1150。

インテルファンにとって、どう受け入れられているのかわかりませんが、個人的には従来のマザーボードを生かせるように互換性を残してほしかったと思っているのは、私だけではないと思うんですけど・・・どうなんだろう?

新しいのを使いたければ、マザーボードも一新しなさい!

って感じで、ちょっと残念なんですけどね~。

時代の流れだから仕方ないと言われればそれで終わりですが、何とか長く使える互換性のあるソケットにしてほしいと感じます。

Socket370時代に、IntelがCoppermineのあとにTualatinを登場させたときに、CoppermineのマザーボードでもTualatinコアのCPUを搭載できる"ゲタ"をサードパーティー製ですが販売されていました。Powerleapだったかな?こんなのでもあれば、古いマザーボードが生かせていいのではないかと考えてますけど・・・。

高性能化にはパーツの一新も仕方ないのかなぁ。

使い捨てみたいに感じてます。

|

« リテール版なし?FX-9590/9370 | トップページ | PCが起動しないよ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/57650776

この記事へのトラックバック一覧です: INTEL CPU 高性能化はわかるけど:

« リテール版なし?FX-9590/9370 | トップページ | PCが起動しないよ~! »