« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

Coolermaster Seidon 120V 発注

自宅にあるXeonを搭載したPCを水冷にすることにしました。

比較的新しい製品を購入してみようということから、次の製品を発注しました。

Coolermaster製 Seidon 120V

Coolermaster_seidon_120v

一般的なサイズのCPUクーラーだと思いますが、水冷ヘッドの部分が改良されているということで期待してみようと思いました。Xeonをデフォルトで使用している限りオーバースペック的な冷却になるかもしれませんけどね。まぁ、初めての水冷ということで少し期待しています。

Coolermaster_seidon_120v_2

本来であれば別のPCで、AMD FX-4170を搭載している方が優先されるべきなのですが、ケースに120mmのファンが取り付けられないことから、まずはXeon搭載機からということにしました。

FX-4170を搭載しているPCについては、ケースを交換するよう考えているので、その時に水冷化も検討しようと思います。今回の結果が良好であれば、同じものを再購入するかもね。

明日か明後日には届くと思うので、今度の週末あたりに時間が取れたら取り付けようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろAM3+からFM2+かなぁ

FXシリーズの最高峰も登場したところですが、TDP220Wはさすがに取り扱いが少し面倒かなぁ・・・と、考え始めました。

そうなると、AM3+/AM3系のマザーボードも少なく、MicroATX系は760Gチップセットを搭載したものばかりで、990/970系チップセットを搭載したものは全く見当たりません。760Gを搭載したマザーボードは、SATA2(3Gbps)までの性能はありますが、SATA3規格を搭載していないようなので、せっかく高速のSSDがあっても生かせない状況。

ましてや、880G/890GX+SB850の組み合わせを搭載したマザーボードは中古を探しても、超品薄状態。

そこで、次のターゲットになるのはFM2+です。

比較的入手しやすいマザーボードが多く、これからも市場的には継続していくものと個人的には思っているので、FM2+も視野に入れて検討しようかと考え始めました。

FM2+のマザーボードは登場して間もない製品なので種類は少ないのですが、そのうち登場するCPU/FM2+に対応しているのは当然ですが、FM2シリーズのCPUも搭載可能なようなので当面は使えそう。

INTELほどにソケットの変更は行われないAMDですが、最近は少し間隔が短くなってきている感じもしています。時代の流れというか、CPUの発達を考えると仕方ないのかもしれません。

そろそろAM3+からFM2+に移行の時期かもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

台風27号の進路は・・・!?

先日の台風26号に引き続いて、台風27号が似たような進路をたどっており、気になっています。この時期としては超大型だと感じています。

さきほどネットで色々な気象関係のサイトを見ていると、当初の予定より少し西に進んでいるようにも感じています。

どのあたりから進路が急激に変わるのか、それによって沖縄をはじめとして日本に与える影響が大きく変わるものと思っています。日本本土には、週末あたりに接近してくるものと思っていますが、台風の進路は太平洋高気圧や大陸からの高気圧、偏西風等の諸条件によって変わってくるから要注意ですね。

高層天気図と併せてみないといけないのだと思いますが、気象庁等ではスーパーコンピューターを使って?進路予想するんだと思うけど、早めにある程度の予測を公開してほしいです。現時点で、3日先までは出ているようですが、気象情報を提供している会社によっては、もう数日先まで出ているところもあります。

災害が起きる前にもっと早く情報を提供することで、備えができると思います。少しぐらい修正を余儀なくされてもいいと思うので、もっと早めの情報提供があってもいいと感じています。

台風の進路から目が離せなくなってきた感じがしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

長年使うと仕方なぃなぁ・・・

今日は日直で出勤。

幾つかの仕事とPCのメンテナンス等をやろうと思ってて、比較的楽に過ごせそうな予感がしていました。

と、そこに他部門の社員が、何か少ししておかなければならないことがあるとかで、出勤してきて朝の挨拶を交わした直後・・・

「昨夜から、突然、自分のPCの画面が映らなくなった」

とのこと。

確かこの社員のPCは、某メーカー製のPC。ただ、年数が経過したPentium4を搭載したPCなので嫌な予感が・・・。

Pentium4を搭載していたころのPCって、意外とCPU周りの電解コンデンサが熱などの要因で膨れてパンクしてしまうことによる故障が多かったように思います。何台もこの症状を見てきたし、あるメーカーのスリムタイプのサーバーでもこれが発生したことがあり、直感的に、そう思ってしまいます。

とりあえず、その社員に本体だけを持ってきてもらって動作確認すると、電源は入るけど何も出てきません。ビープ音で異常を知らせるわけでもなく何も映りません。

とりあえず筐体を開けて確認開始。

PU周りの電解コンデンサは、若干膨らみ始めたかな?と思うものが1個だけありましたが、そのほかは異常なし。

もしかして、VGAカードかな?

過去にVGAカードの故障は何枚も経験があります。当然、GPUの放熱が追い付かないまま電解コンデンサが膨らんでご臨終も見てきてます。とくにファンレス型は購入時はこれで大丈夫なんだ、と思いながら購入しているので、排熱に気を付けないと意外と壊れるし、空冷ファンが取り付けてあるものでもファンの故障で結果的に故障した、という経験があります。

F1001943


VGAカードを確認してみると、すぐに見つかりました。しっかり膨らんでいる電解コンデンサが1個見つかりました。これじゃあ駄目だ、とわかるほどに膨らんでしました。

F1001944


このVGAカードを外してPCを起動してみると、無事に起動。

と、いうことで今回はVGAカードの故障が原因でした。

中古を含めてもほぼ終息してしまったと思われるAGPバスのVGAカード。今回はELSA製のFX5200を搭載したものでしたが、残念です。それもLP仕様だったからなおさら。Windows7で使用しても問題なかった製品だったので辛いです。

F1001942


だからと言って、このPCに新しいVGAカードを搭載するわけにもいかないので、当面はこのままVGAカードなしで使ってもらおうと思います。

長期間動いてくれてよかったのですが、仕方ないですね。

今回、原因はすぐに特定できましたが、古いパソコンはこれからこういうことが増えてくると思います。

あ~~~、ヤダなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

Windows Upgrade Advisor

会社でWindows XPが稼働するパソコンをWindows7/8にアップグレードするために、全てのパソコンについてハードウェア等の調査をすることになり、手順書を配布しました。

一昨日、マイクロソフト社のホームページからアップデートが可能かどうかを調べるアシスタントプログラムをダウンロードして一部のパソコンで試してから手順書を作成して、本日、社員にメールで一斉送信してみたところ・・・。

一部のリンクがおかしい

と、いう質問が出てきました。

調査してみると、一昨日の状況と比較して変わってしまったページがありました。たぶん、Windows8.1の発売開始とともに変更されたと勝手に認識しています。

変更前の画面(他のページから転用)

Win8upg_assistant_disp2


変更後の画面

Win8upg_assistant_disp3


ところが、アップグレードを案内する他のページに掲載してあるスクリーンショットは変更前のまま。

これって、ちょっと問題じゃないかと感じてます。

また、このアドバイザープログラムは一部のWindows XP稼働PCでは動作しない模様。

他の社員が調べたところでは、最初からWindows XP SP3がインストールされているPCでは正常に稼働するけど、SPなし~SP2からSP3にアップグレードしたPCでは稼働しないという記事を見た、という報告もありました。

マイクロソフトさん、しっかりサポートしてくださいよ!

おかげで、今日の昼休憩は手順書の修正に追われ、まともに取れませんでした。昼食を流し込んだだけのような感じ・・・。

変更したらわかるように表示してほしいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

会社のPC 脱WindowsXP計画発動

やっとですが、社内で稼働するWindows XPが搭載されたPCをWindows7/8/8.1の何れかにバージョンアップする計画の推進が承認されました。まぁ、今さらって感じですが、なかなか費用が掛かることだけに、簡単に了承もらえなかったんです。

そして、他のソフトウェアと業務関連の相談をしている中で、突然話の方向が変わって、脱Windows XPが了承もらえました。

奇跡だなぁ(笑)

だけど、ある上司から、Officeについては2003を使えばいいじゃないか!って言われましたよ。あのねぇ、Windows XPだけがサポート終了じゃない!っーの。Office2003も終わりですよ。まぁ、この点は後からわかってもらえたのですけどね。

私の勤務先では半数以上の社員が最近流行り?のBYOD状態。現場の社員はBYOD、内勤者の一部もBYOD、だけど大半の内勤者は会社から貸与。こんな差別がまかり通ってます。会社のお偉いさんが出席する会議でそんな状態を発言したら、見事に封じ込まれました。全然話を別の方向にもっていき、まるで「臭いものには蓋をしろ」状態。

そんな状態ですが、とりあえずセキュリティーの問題もあることから、全員(約100名弱)に貸与するかどうかは別として、計画を発動することになりました。

とりあえず現状調査を開始することにしました。

だけど、古いスペックのままで稼働させるには無理があります。当然、大半は買い替えになりますね。

今週からだったかな?Windows8.1も登場することから、購入する時点でのOSはWindows8.1がターゲットになりそうです。

はっきり言って、個人的にはWindows8/8.1のGUIは好きじゃありません。

「お前も新しいのに慣れろよ!」

って言われそうですが、やっぱりWindows7までのGUIが好きだなぁ。

Windows8.1になった日には、サポートできませんよ(笑)

これから、どのように進めていくかわかりませんが、ある程度は早めに進めていこうと思います。

最近は、Windows XPからの移行のため、某メーカーではPCの納期が1~1.5ケ月程度かかっている模様。これから来年三月の決算に向けても発注が増加することが予想されるので、納期が遅れることもありかな?お役所関係もWindows XPからの移行が遅れているようだから、どうなることやら。

年内にはある程度の道筋を立てないと大変かもね。

それと、仮に納期が十分に間に合っても、データの移行が大変。

考えるとウンザリ・・・ってところも。

とりあえず、スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ACCESS か FILEMAKER か?

最近、仕事で扱うデータ量が増加しているものもあり、データベースを使う方が早くて軽いんだろうなぁ、と考え始めました。

EXCELでデータ処理をしていると、データ量が増加することで処理が遅延していることは明確で、結果が表示されるまでにタイムラグが生じます。マクロとかを使えば変わるのかもしれませんが、そこまでする必要があるのかな?

関数を使って処理するのもいいけど、おのずと限界が出てきます。表示項目が増えたり、計算して表示するものが増えてくると、それこそリアルタイムな表示ができません。

そこでデータベースなのですが、ACCESSかFILEMAKERを使おうかと考え始めてます。SQLも使いこなせると、そっちが良いんだと思いますが・・・使いこなせないです。SQLもデータサイズが大きくならないのであれば、無料版のEXPRESS版?があったと思いますが、それをどうGUIで使うのか・・・私にはできません。

と、いうことでちょっと考えてます。

幾ら万能だからと言っても、データ量と関数が増加するとリアルタイムな処理ができなくなるので、色々と考えた結果がデータベースソフト。

どっちのソフトが良いのか比較表を見ているだけではわからないので、ネットで調べてみていますけど、ちょっと真面目に考えて取り組んでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

台風24号が来るみたい

今年は日本に襲来する台風が多いように感じています。

今回は、台風23号を追いかけるかのように進んできた進路が、沖縄あたりで進路を変える予想になっており、今週火曜日から水曜日あたりが荒れそうですね。

20131006_1800_typ24


少し前までは、今回沖縄を直撃した台風23号と同じ進路になるものと予想していましたが、高層天気図を見ていると・・・なるほどねぇ・・・、太平洋高気圧と大陸からの高気圧の間を抜けるように北上するパターンで、九州の西の海上あたりからは偏西風に乗って北東方向に行く感じですね。

何もなければいいんですけどね。

とくに、台風23号で被害を受けられた沖縄の方にとっては、休むことなく襲ってくる台風に「いい加減にしろ!」って感じもあるのではないかと思います。

比較的強い勢力を保ったまま北上してくる予想なので、台風に気を付けなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型のサーバーが欲しいなぁ

仕事で使っているファイルサーバーはCore2Duoを搭載したPCを流用して使ってます。

最近、CPUの負荷が異常な時が稀にあり、原因を探っていますが、いまだに不明。まぁ、サーバーにつきっきりではないので、合間にしか調査することができないのが現状。

原因がつかめないままサービスとして稼働しているものを停止するわけにもいかず、負荷が高い状態が続くと、時折、再起動を行って対処しているのが現状。こんな状態ではよくないんですけどね~。

そこで考え始めてのは、もっとパワフルなCPU(Quad以上)と8GB以上のメモリを搭載したサーバーを使おうということ。現状で、ハードウェアRAIDでミラーリングしていますが、これを使わずにマザーボードのRAID機能を使うこと。Windows XPの環境で動作するRAID監視ソフトが影響していることも可能性がゼロではないことから、オンボードの機能を使うこともありではないかと考え始めました。

ハードウェアRAIDよりもCPUへの負荷は増加しますが、監視ソフトがWindows XP版ということはないので安心して使えそうです。

だけど、単純に考えてもいい価格になりそう。

ハードウェアだけで、4万円前後かなぁ・・・。

使えそうなものがあるかなぁ、と周りを見たけど・・・今は手持ちがなさそうです。

と、いうことで少し時間をかけて考えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMD FX-9370がネット販売されてた

と、いうものの店頭では確認していませんが、ネットでは販売されていました。

Amd_fx_9370_logo
調べてみると、10月4日からみたいで、価格は25,980円になってますね。

TDPが220Wということで、これまでにない灼熱級のCPUなので、対応できるマザーボードやCPUクーラーは限定的みたいですね。

オーバークロッカーには歓迎されるものと思いますが・・・熱対策を完ぺきにしておかないと止まってしまった・・・というような記事も見られたことから、使いこなすには水冷と空冷を併用するのが最適なように思います。

こんなのがあったらいいなぁ・・・と思うのが、水冷クーラーの冷却液を小型のタンク内でペルチェ素子で冷やし、それを循環させることで強烈な水冷を構成すること。ペルチェ素子で消費される消費電力も相当なものとなるでしょうけどね。それをさらに空冷することで冷えそうな感じもします。

8CoreのCPUでは比較的標準クラスの価格のCPUですが、取り扱いが大変かも。だけど、マニアを彷彿させることをやってのけるAMDには敬意を払いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »