« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

2台分のPCを1台に統合したけど

何故か不安定!

電源が古いのかと思ったら、そうでもなく一度は取り替えてました。また、物は試しと手元にある新品の電源を使ってみても不安定。

次に、ハードディスクかな?

と思って、手元の新品と取り換えたけど不安定。

次に、メモリ?

と思って、これも保守用のメモリにしてみたけど不安定。

次に、CPU?

と思って、別の保守用に取り替えたけど不安定。

次に、BIOSの設定ミス?

と思って、CMOSクリアーもして再設定したけど不安定。

はっきり言って、不安定さが増してきました。

そのうち、BIOSの起動途中で停止するようになったことから・・・

ボタン電池が消耗したのかな?

と思って、CR2032の新品を購入してみたけど、BIOSの途中で停止。

・・・・・・・・

ハッキリ言って、マザーボードがダメじゃん!

と、いうことで、このマザーボードは破棄することにしました。

結果、2台を統合する意味もなく、2台が壊滅的状態。

現場での電源環境がよほど悪かったのか?

夏の暑さで排熱が間に合わなかったのか?

原因は不明です。マザーボード上の電解コンデンサは、見たところ正常なので余計に困ったことです。

何とも疲れました。

ハァ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

会社のPCが相次いでトラブル

先日から勤務先のPCに相次いでトラブルが発生。

私のだったら、すぐに自宅の代替機を投入するし、そういうトラブルに遭遇しても最悪の事態だけは避けられるように、毎日データのバックアップをしています。

せっかくバックアップ用のソフトをインストールして、手動ですがファイルサーバー等にデータのバックアップをするような仕組みにしておいても、毎日、ただ電源を切って帰っているだけの人々はグズグズいうだけで、どうにもなりません。

最近あったトラブルは・・・

・電源ユニットの老朽化による不安定動作が3台
・起動しなくなった
・フリーソフトをインストールしたら不要なポップアップが出るようになった
・マウスの断線?
・起動時間が異常に長くなった

こんな症状が色々とあるんですけど、二週間程度の間にこれらが頻発したものだから仕事はお手上げ状態。

電源ユニットは、ATXタイプの物であれば購入して交換すれば問題ありません。ただ、ブックタイプのようなPCだと専用電源であったりする場合もあり、地方に住んでいると入手は困難な場合もあります。大手メーカー製のようなPCではなくて自作等に使うようなマザーボードが組み込んである場合には、普通のケースに組み替えて復旧するという方法もしました。

一番困難なのは起動しなくなった、というもの。「起動しない」と連絡があるころには、周囲を巻き込んで色々なことを試しているから、何をしたのかわかりません。そのうちに何らかのことをした人々は知らぬ顔をして「私は知らない」という状況。たとえ上司のPCであっても知らんぷり。さらにそういう上司に限ってデータのバックアップは取られていなかったりします。作業を見守りながら・・・

「早くしろ!」

「新しいのを買ってこい!」

なんて言い出すものだから手に負えません。今回はMBRが異常になっていたようですが、ネットで調べた方法では復旧できず、HDDを取り外してデータだけ取り出して、別のPCに戻して使用してもらっています。ただ、起動しなくなったPCは現在新規インストールしました。

フリーソフトを入れたら不要なポップアップが出始めたというものですが、これがたちの悪いソフトだったようですが取り除きました。PDFに加工できるソフトがあるということでインストールしたらしいのですが、IMEがBaidu製のIMEに変わっていたり、コンピューターに異常があるとポップアップを出して、入金すればソフトを提供するというような怪しいソフトも・・・何か変なのが幾つか入っていたようです。

起動時間が遅くなったというのは、Windows XPを搭載したものですが、ちょうど定期的にマイクロソフト社が更新プログラムを提供する時期であったため終了時にインストールして、電源を入れて起動する際に更新を適用したものと思います。Windows XPのサポート終了が近いということもあってこんなことをいう人も・・・

「マイクロソフトの仕業だ」

決してそんなことはないんですけどね。Windows XPが登場してから、どれだけの更新プログラムが適用されてきたことか考えてみると大変な量だと思います。そんなわけで、ある程度は継ぎ接ぎ状態だと考えて使わないといけないでしょう。OSだけでも肥大化していますから、ハード的にも高性能が要求されても仕方ないし、結局は完全に解決しないままうやむやになったと思われるsvchosts.exeによるCPU使用率が下がらない問題もいまだにあると思います。

まぁ、色々とありましたが、今週末は用事があって実家に帰った時間もありますが、寝る時間を割いて2台のPCをメンテしました。1台は、前述のもの。もう一台は、現場から帰ってきた調子の悪いPC2台を、正常に使えるところだけ統合して1台にしてしまいました。残った1台分は・・・どうしよう?

そんな感じで、トラブルは続きましたが・・・今週はどうなんだろう?

もう一台だけメンテナンスしたいのがありますが、それはメンテナンスしたら予備機として置いておこうと思ってます。

今週は何もありませんように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

WD Black新シリーズを使ってみたい

WesternDigital製のHDDのBlackシリーズが新しくなったようで、性能も良くなっているようです。

Wdfdesktop_black_fzex

・パフォーマンスの向上
・読み書き性能の向上
・マルチプラッタ構成の安定性向上
・信頼性の向上
・5年保証

と、ホームページには書かれており、性能は格段に上がっているようです。

従来からBlueシリーズよりも価格が高かったので、個人的には手が出せていませんが、データ量の増加やHDDを長期使用することもあり、使ってみたい製品です。

とくに、安定性と速度、そして信頼性を要求されるサーバー環境では選択肢の一つになりそうです。

以前に構築したサーバーにはBlueシリーズのWD10EZEXを2個使ってRAID1を構成していました。現時点で、問題なく稼働しているし安定しているので、当面はこれでいいと思っているのですが、今度からはBlackシリーズを使ってみたいと感じています。

ただ、価格的に高価になるのは仕方ないと感じていますが、信頼性を求めるときには仕方ないのかもしれません。

ん?

ふと、思ったけど、新しいシリーズを云々言う前に、今使っているサーバーの保守用に、WD10EZEXを1~2台購入しておくことも必要になるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

BUFFALOのThunderbolt接続ディスク

こんな製品が発売されるのを知りませんでした。BUFFALOからのメールニュースを見て初めて知りました。

Buffalo_thunderbolt_ssd_ext_disk

Thunderbolt接続の外付けHDDはあったようですが、外付けHDDをSSD化して、さらにRAID0を構成している製品は初めてだと思います。まぁ、これまでに発売されていたとしても、私は全く気付いていません。

Thunderboltを使用することで一気に超高速化しており、PCが高性能であれば定格に近い速度は期待できるんでしょうね~。

だけど、価格を見ると・・・

・・・

買えませんよ~

税抜き価格て75,000~180,000円だなんて。

当面はセレブか法人向けなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

6TBのHDDが発売されたんですね

色々なメールニュースで書かれていましたが、6TBのHDDがHGSTから発売されたみたいですね。

だけど、一体いくらするんだろう?

大容量ということでエンタープライズ向けなのかもしれませんが、データの大容量化が進んでいる昨今なので、歓迎されるべき製品だと感じています。コンシューマー向けの発売時期が気になるところですね。

Hgst_hdd_6tb

だけど、キャッシュが64MBということなので、それだけがなんとなく寂しい気がしているのですが、128~256MBぐらい搭載して大容量化してもよかったのではないかと思うのは素人考えかなぁ。

個人的に考えるところでは、これだけ大容量があれば、数台のドライブを用意することで小規模事業者のデータはほぼ収容可能かと思います。当然、RAID1/5/10も十分構成できるでしょうからPCの起動ドライブのイメージもバックアップできそうで、私の勤務先であれば、そういうことが十分に可能です。

登場したばかりで、ヘリウムを封入しているということなので遥かに高価な製品だと思われますが、低価格化するのかな?当面、コンシューマーには入手難だと思いますが、コストダウンをしてもらって入手しやすくしてもらいたい製品です。

いずれにしても、価格が気になりますね~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »