« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

RAID-1なのに高速読み出しの謎

色々とネットを調べていますが、何故、RAID-1であるにも関わらず、約2倍の高速読み出しを行っているのか謎のままです。

RAID-1だと、理論的にはそのストレージが持つ最大の読み書き速度が限界になります。だけど、今回はシーケンシャルでの読み出しがRAID-0のように高速化していることが不思議です。

BIOSセッティングで、VT-xを無効にしても変わらない状況からすると、IRSTが何らかの動作をしているとしか考えられません。まさか、Intel Q87チップセットが搭載されているからというオチはないと思いますけどね。もし、そうであれば、Q87チップセットは、とんでもないチップセットということになりますから・・・(笑)

近いうちに、別のシステムでテストできそうできそうです。ほぼ、システムを構成するためのパーツは揃いました・・・というか、プライベートで使用するサーバー用に買い集めていただけなんですけどね。

テスト1

CPU  Intel Core i3-4360
M/B  Gigabyte GA-H97M-D3H
RAM  16GB(DDR3-1600 8GB*2)
SSD  Samsung SSD 840 EVO 250GB *2

テスト2

CPU  Intel Core i3-4360
M/B  Gigabyte GA-H97M-D3H
RAM  16GB(DDR3-1600 8GB*2)
SSD  Seagate ST1000NC001(1TB) * 2

これを基本として、テストしてみようと思います。CPUが、現在使用しているCore i7とテストに使うi3では能力に差がありすぎるのは勘弁。

それぞれの結果によって、IRSTやチップセットによる影響があるのかが判明するものと思います。

早く組み立ててテストしたいんですけどね・・・

近いうち、って書いたけど、2月までは時間が取れないかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

SSD: Samsung 850 PRO 値下がり?

今日、価格コムで色々な記事を見ていたのですが、Samsung 850 PROのうち、256GBと512GBのベーシックモデルについて、価格が下がっていました。

昨日の最安値から、256GBモデルは十数パーセント下がって17,800円に、512GBモデルについては、なんと約1万円も下がって29,800円になっていました。ともに、アマゾンだけが一気に値下げしたようですが・・・。

なんでだろう?

ちなみに、128GBと1TBモデルは変化なし。価格の掲載ミスなのか、それとも、売れ筋であることからSamsungが販売強化しているのか?理由がわかりません。

誤表示ではなく、これが続くことを期待してます。

【追記】2015-01-07

誤表示だったのか、期間限定超特価だったのか全くわからないのですが、元の価格に戻っていました・・・残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

オンボードRAIDも試してみた

ハードウェアRAIDで構成した新しいPCですが、データの読み書きの速度をベンチマークソフトを使って測定してみたら、少し速度が出ていない・・・!?読み込みは、そこそこ出ているんですけどね~。

【変更前のシステム概要】
M/B  ASUS CS-B
CPU  Core i7 4790S
RAM  Transcend DDR3-1600 16GB(8GB*2)
SSD  Samsung 850 PRO 256GB * 2
I/F  AREA TTH LIMOUSINE SD-PE4SA3MSAL(RAID)
OS   Windows7 Professional 64bit

Raid1_bench_before


そこで、オンボードRAIDも試してみることにしました。

今朝から、RAIDカードを外して、設定替えを実施。当然ですが、Windows7は再度初めからインストールしなければなりません。RAIDの仕組み上、仕方ないですね~。

組立後、Windows7をインストールして、変更前と比較してみました。

【変更後のシステム概要】
M/B  ASUS CS-B
CPU  Core i7 4790S
RAM  Transcend DDR3-1600 16GB(8GB*2)
SSD  Samsung 850 PRO 256GB * 2
OS   Windows7 Professional 64bit

Onboard_raid1_bench


えっ!

とんでもない数値も飛び出しました。RAID-1と言いつつ、iRST?がRAID-0のような読み出しをしている可能性がありますね。驚きの結果になりました。RAID-1の性質上、基本的には単体の速度が上限になってしまうんですけど、その約2倍の読み込みが行われたということは、読み込み時に両方のドライブから読み出しているような感じです。

本当のところ、iRSTがこうしているのか、BIOS上のRAIDがそんなことをしているのか私にはわからないのですが、速い読み書きをしていることは喜ばしいことだと思います。

Samsungが提供しているRAPIDモードのソフトウェアを導入すると、もっと変わってくるのかな?という疑問がありますが、RAIDに対して有効なのかなぁ?説明も読んでいないのでその点は不明です。

う~~~ん、ハードウェアRAIDカードは、人柱みたいになってしまったかもね。だけど、サーバー用途に転用できそうなので、無駄になっていないか(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »