« パソコンの処理速度低下の原因と改善 | トップページ | 財務省って、バカじゃね! »

2015年8月24日 (月)

続)パソコンの処理速度低下の原因と改善

前回はOSやハードウェアに関するところでしたが、今回は、ソフトウェアの面から、これまでの経験を踏まえて書いてみようと思います。ただ、個人的に多くのソフトウェアを使っているわけではありませんし、インターネットを検索すればもっと良い方法もあるかもしれません。

これまでに経験したなかで、いくつかをピックアップしてみます。

・ウイルス対策ソフト

パソコンを使用するうえで、必要なソフトウェアですが、動作が軽いものから重いものまで色々あります。パソコンの処理能力が低いと、パソコンの動作が遅くなります。Windows7までであれば、動作が軽いものがありますが、Windows8以降はビジネス用途?の製品を導入しているので詳細は不明です。ただ、Windows7であれば、MicrosoftのSecurity Essentialsは動作が軽かったのですが、その他で、動作が軽いという製品は、少なかったように感じています。私のパソコン環境は、一部を除いてQuadコア以上のCPUを搭載した性能が比較的高いものを利用し、メモリも8GBか16GBを搭載しているので、重いとは感じたことはありませんが、Celeronとかになると、動作が重いかもしれません。

また、これらのウイルス対策ソフトは、インストールで失敗すると酷い目に合うことがあります。再度、初めからインストールすることで問題なく動作した場合や、どうにもならなくなってOSから再インストールしたこともあります。一度だけ、職場で見たケースとして、ある社員が二種類のウイルス対策ソフトをインストールしていたことがあります。誤ってインストールしたために、とんでもないことになりました。ハッキリ言って、重すぎて使い物になりませんでした。

ウイルス対策ソフトが、いつの間にか動作が異常になって、再インストールを目的としてアンインストールしようとすると、うまくアンインストールできない場合があります。これは、ウイルス対策ソフトが、サービスとして水面下で動いているためで、以前、これで手法がわかるまで苦悩したこともありました。ちょっと手間な方法でしたが、アンインストールして再インストールできました。動作が以上になったときは大変でした。

・Adobe Reader/Flash Player

これらのソフトは日常的に使われているソフトウェアですが、動作がおかしくなると大変です。インターネットの表示などが遅くなると思います。エラーストップを繰り返し表示するようになると、どうにもならなかったです。原因はわかりませんが、私の場合は、精神的にブチッ!となったので、OSから再インストールしました。インストールで失敗する事例は少ないと思いますが、十分に注意してください。

・Acrobat

Adobe Readerではなく、Acrobatの場合は、インストールで失敗しないように注意することが必要です。インストールで失敗すると、その後にうまくインストールできたとしても不安定な場合があり、結局はOSから再インストールする羽目になったことがありますし、バージョンが古い製品は、OSのビット数(32ビット版か64ビット版)により、インストールする手法が若干異なる場合があります。32ビット版Windowsにはインストールできたけど、64ビット版はちっと異なっていました(これについては、私のブログの中で過去に書いてますので、ここでは省略します)。

・Internet Explorer(IE)

個人的に、色々と苦労したのが、Windows7環境におけるIE11。使っている間に、IE8→IE9→IE10→IE11とバージョンアップしたのですが、何が悪いのかIE11になって暫くすると、インターネット表示中にエラー表示回数が増えました。まったく原因はわかりませんが、OSとの相性が悪いのかツールバーとの相性が悪いのか・・・どうにも嫌になったので、IE10にダウングレードしたのですが、パソコンの能力は十分にあるのに表示が異常に遅くて使い物にならない、さらに、閲覧中のエラーも減らないので、これもOSから再度インストールしました。ただし、その時は、IE8からIE10にバージョンアップしました。以後は稀にエラー表示することもありますが、安定しています。だけど注意が必要なのは、IE10までのシリーズは来年1月13日でサポートが終了するということ。最低でも、IE11にしておかないと、パソコンが危険にさらされるということになりかねません。ビジネスで利用している限りは、IE以外のブラウザを動作保証していないサイトもあり、注意しないといけません。期限がくるまでに、修正プログラムで動作が安定してくれるといいと思っています。

(参考) IEサポートに関するマイクロソフトのサイト

私が基本的にインストールしているソフトウェアのうちの一部について書いてみましたが、動作を遅くする原因はどこにでもあるように思います。また、私が知っている人のパソコンで実際にありましたが、インターネットからフリーソフトをダウンロードして使っていたようですが、悪評のあるソフトウェアだったようです。フリーソフトは最新状態に更新したウイルス対策ソフトでスキャンして使うとか、事前に評価を調べてみることが必要だと思います。それか、ソフトウェアのテスト環境があれば、そちらで試してみる、ということも必要だと思います。

ソフトウェアの特徴を理解して使用する、評価を調べてみる、テスト環境で試用してみる等の方法で自己防衛が必要なだけでなく、各種プログラムのインストールも慎重に行うことで、安定状態を維持することが必要になると思います。これらができない場合は、自分が導入するソフトウェアの”人柱”になる覚悟が必要かもしれません。

便利なソフトウェアですが、使い方やインストールを誤るとパソコン動作が異常に遅くなったり、使い物にならなくなったりするきっかけを作るものでもあります。鬱陶しいソフトウェアにならないように気を付けるしかないのが、現状なので注意して使用するように心がけるしかないのかもしれません。動作が異常になったり、遅くなったりしたら必要なデータをバックアップして、再インストールしかないのかもしれないです。

|

« パソコンの処理速度低下の原因と改善 | トップページ | 財務省って、バカじゃね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/62149461

この記事へのトラックバック一覧です: 続)パソコンの処理速度低下の原因と改善:

« パソコンの処理速度低下の原因と改善 | トップページ | 財務省って、バカじゃね! »