« Nikon CoolPix610で月を撮影 | トップページ | サーバーの管理も大変です »

2016年4月 6日 (水)

AMD A10-7890K 搭載PCが稼働

先日、組み立ててWindows7と幾つかのソフトウェアをインストールしました。

今回の構成は次の通り。

CPU  AMD A10-7890K
M/B  Asrock FM2A88X-ITX
RAM  Crucial DDR3/1600 16GB(8GBx2)
SSD  Samsung 750 EVO 250GB(MZ-750250B)
HDD  WE20EFRX
ODD  Pioneer BDR-209BK

今回は、内臓GPUをアテにして、VGAカードを拡張搭載していないので、APUが使用するメモリの割り当てを最大にしています。1.7GBか1.8GB程度だったかな。

まず、Windows7のWEI値は次の通り。

Wei_a107890k_blog

RAMの周波数が高いものであれば、メモリとグラフィックに関する値が、もう少し変わっていたかもしれません。今後、色々なソフトを使用していくうえで、グラフィックに不足を感じる場合、CPUの負荷があまりにも高くなる原因がぐらてぃっく環境にある場合には、手持ちのRadeon R7 360投入することにしています。

次に、Samsung製SSDの750 EVO 250GBのベンチ。

Mz750250b_blog

ほぼ、満足いく値になっていると思います。MZ-750250Bって、調べてみるとコンシューマー向けではないような表記があったりすることから、販売店が少ないのかもね。850 EVO等で添付されているソフトウェアが搭載されていない、シールが入っていない、という程度の違いだと感じています。

と、いうことで、稼働し始めたA10-7890K搭載パソコンですが、このAPUに同梱されているCPUクーラーは静かですね。これまでのAMD製CPUに同梱されていたCPUクーラーと比較して・・・

デカイ!

だけど、

静か!

こんなに静かだと思いませんでした。インターネットで、静かになったという記事は読んでいたのですが、実際にどうなっているのかわからないところもありましたが、マジで静かになりました。

CPUクーラーの大型化は、一部のITX基盤においてメモリと接触するなどの記載を読みましたが、今回使用したFM2A88X-ITXではギリギリセーフでした。ただ、取り付け方によっては接触するので、CPUクーラーを固定する際には、少しだけメモリから遠ざけるようにしないと接触する可能性は否定できません。

あっ、そういえばCPUクーラーのファンケースの部分が"AMD"と光るようですが、写真に撮っていませんでした。撮影しておかないとね(笑)。

とりあえず、AMD A10-7890K搭載PCは、稼働し始めました。近いうちに、ブルーレイを再生させたりして負荷をかけて、CPUの状況を確認してみたいと思います。ちなみに、けーむはしない予定なので、そういったテストの予定はありません。

だけど、貰えるものはとりあえず貰っておこう、ということで、「AMD APUでシューティング」キャンペーンだけは応募しておかないといけないですね。忘れてました(笑)

また、PCの様子をみて、どんな感じかレポートするかも・・・。

|

« Nikon CoolPix610で月を撮影 | トップページ | サーバーの管理も大変です »

コメント

パソコンって広いと思いました 知識が浅いので難しい内容もいつかは分かると良いのですがこれからもパソコン勉強に頑張ります。 

投稿: 畑原優男 | 2016年6月12日 (日) 17時09分

コメントありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。個人的に、PC自作やソフトのインストール・メンテで多くの失敗もしてきましたし、良い結果が出て経験が積みあがったのもあります。一気に覚えるというものではないと思いますから、少しずつ経験を積み上げることで、満足いくPCを作ったり、ソフトウェアを使いこなせたりできると思います。頑張ってください!

投稿: ふじぼー | 2016年6月14日 (火) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/63448276

この記事へのトラックバック一覧です: AMD A10-7890K 搭載PCが稼働:

« Nikon CoolPix610で月を撮影 | トップページ | サーバーの管理も大変です »