« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月24日 (日)

誰も買わないな、たぶん誤記!?

仕事で使用するソフトウェアの動作環境を調べていたら、nVidia製のGPUを搭載したビデオカードが必要になっていました。AMD製のRadeonはサポートしていないとのこと。そんなのがあるんですね~。まぁ、CADだから仕方ないのかも!?

自分が使用している仕事用のPCには、RadeonHD5670を搭載していますが、交換が必要になり、ネットで検索して購入することにしました。

こういう時になると、ついつい欲が出てしまい良いものを買おうとする傾向があり、自分でも注意しているんですけどね。当初は、少し前の製品でGTX750Ti辺りを狙おうとしたのですが・・・結局はGTX950にすることに。探している途中で、GTX960も考えたのですが、価格が1万円ぐらい高くなるので、GTX950で手を打つことにしました。

色々なメーカーの製品を見ていましたが、最近登場した補助電源が不要なASUS製のものを購入することにしました。税込で2万円ちょっとしましたが、お手頃な製品ということで使ってみようと思います。

ただ、今回発注した製品の価格が安いところを調べていたときのことですが、通常は2万円~2万5千円程度で販売されているこのビデオカードに某ショップで・・・な、な、なんと!

税込 227,760円

の価格が表記されていました。

ありえないです・・・まじで、閉口してしまいました。

気を取り直して、今探しているのはインターネットのショップモールなので、たぶんここだけ誤記か誤入力だろう、通常店舗(通常サイト)では一般的な価格が表示されているんだろ、と思って調べてみると・・・

税込 190,831円

マジであり得ない。それか、販売する気がないのか!?

だけど、不思議なことにこのショップでは、GTX950の上位になるGTX960は、税込35,000円程度で販売されていました。

明らかな誤記なのか、それともそのショップでは正当な価格かはわかりませんが、上位機種がまともな値段ということは、たぶん誤記でしょう。

でも、あの価格表記では誰も買いません。

ショップに問い合わせるべきか、放置しておくべきか・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

サーバーの管理も大変です

仕事で使用している自作のWindows Serverですが、約3年半を経過しても安定稼働しています。

スペックは・・・

CPU  Core i3 3220
RAM  8GB(4GBx2)/DDR3
HDD  WD10EZEXx2(RAID-1)/1TB
M/B  H77 Pro4-M だったと思う?
P/S  500W Bronze
ODD  Liteon製
OS   Windows Server 2008 R2

マザーボードは、記憶が曖昧だなぁ・・・(笑)

これまで、夏場だけ落雷被害を想定して、たまに週末だけは電源オフにする場合もありましたが、ほぼ24時間365日稼働。

最近になって、予備として次期サーバーを準備することも考えて始めていて、計画を進めているのですが、ふと思ったのは、Cドライブの空き容量。SSDの投入も考えているのですが、現在の空き容量を確認しておかないと容量不足になっても困ります。

現在のサーバーは、システムドライブに80GBを割り当てし、各種ソフトウェアやマザーボートのドライバ等の保管にDドライブ、データ用としてEドライブを割り当てています。

今日、システムドライブの空き容量を確認したら・・・

約4GBの空き容量

えっ!? 何故??

これだと、5%しか残っていないことになります。と、いう事はサーバーのパフォーマンスは目に見えて低下します。ふだん気にしていなかったものの、パフォーマンスは極度に低下していたものと思われます。

マジで緊急事態!とばかりに、システムドライブの空き容量を確保する情報を調べ始めました。色々と手法はあるみたいですね。

まず、頭に浮かんだのは、ハイバネーション領域を作らせないこと。ネットの通りコマンドを打ち込んでみましたが・・・コマンドが実行されないみたい。と、いう事はすでにハイバネーション領域を作らせない設定にしていたみたいです。この設定をするかしないかで、数GBの領域が確保されます。転職する前の会社でも領域確保のために実行したことがありますが、てっとり早い方法でしょう。24時間365日稼働状態にさせておくサーバーでは有効な方法ですけど、スリープ状態を利用する場合には使えません。

次に実施したのは、膨大に保管されているというWindows Updateの各種ファイルを削除してしまう事。これを実施するために、サーバーの機能として、ディスククリーンアップをインストールしてからの作業になりましたが、この効果は絶大と言われます。初めて、これを実行してみましたが、効果は絶大。

ディスクのクリーンアップの際に、ついでにイベントログのシステムエラーキューファイルも消してしまうことにしました。私の場合、よほどのことがない限り、そんなの見ないですか(笑)

と、いう事で、これを削除することにより、約10GBの容量アップになり、空き容量は14GB程度になりました。17.5%の空きという事で、当面は安心して利用できる状態です。本当ならば、30%以上の空きが欲しいんですけどね。

ここで、30%以上と書いたのは、転職前の会社で随分前に使用していたオフコンは、ディスクの空き容量が30%を下回るとパフォーマンスが低下することを聞いていたからです。ディスクを追加したりすることは非常に大きな出費を伴うことになることから、追加してもらえず、古いデータは磁気テープに保存して、いつもギリギリで運用していたことがあります。おかげで、オフコンの起動には長時間を要していました。たぶん、ディスクにスワップしながら動作していたからだと思いますけど、この経験から、Windows Serverにこれがそのまま当てはまることがないにしても、空き容量を十分に確保しておくことはとても重要な問題だと考えています。Windows Serverの処理速度の低下が、どの程度の空き容量になってから発生するのかは知りませんが、空き容量の確保は重要なことだと感じています。

今回の経験は、今後のWindows Serverの設計に大きく影響するものと思いますが、早く気付いてよかったと思ってますし、次期サーバーのシステムディスクは、100GB以上にしておこうと思います。

考えてみると、サーバーの管理は、意外と大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

AMD A10-7890K 搭載PCが稼働

先日、組み立ててWindows7と幾つかのソフトウェアをインストールしました。

今回の構成は次の通り。

CPU  AMD A10-7890K
M/B  Asrock FM2A88X-ITX
RAM  Crucial DDR3/1600 16GB(8GBx2)
SSD  Samsung 750 EVO 250GB(MZ-750250B)
HDD  WE20EFRX
ODD  Pioneer BDR-209BK

今回は、内臓GPUをアテにして、VGAカードを拡張搭載していないので、APUが使用するメモリの割り当てを最大にしています。1.7GBか1.8GB程度だったかな。

まず、Windows7のWEI値は次の通り。

Wei_a107890k_blog

RAMの周波数が高いものであれば、メモリとグラフィックに関する値が、もう少し変わっていたかもしれません。今後、色々なソフトを使用していくうえで、グラフィックに不足を感じる場合、CPUの負荷があまりにも高くなる原因がぐらてぃっく環境にある場合には、手持ちのRadeon R7 360投入することにしています。

次に、Samsung製SSDの750 EVO 250GBのベンチ。

Mz750250b_blog

ほぼ、満足いく値になっていると思います。MZ-750250Bって、調べてみるとコンシューマー向けではないような表記があったりすることから、販売店が少ないのかもね。850 EVO等で添付されているソフトウェアが搭載されていない、シールが入っていない、という程度の違いだと感じています。

と、いうことで、稼働し始めたA10-7890K搭載パソコンですが、このAPUに同梱されているCPUクーラーは静かですね。これまでのAMD製CPUに同梱されていたCPUクーラーと比較して・・・

デカイ!

だけど、

静か!

こんなに静かだと思いませんでした。インターネットで、静かになったという記事は読んでいたのですが、実際にどうなっているのかわからないところもありましたが、マジで静かになりました。

CPUクーラーの大型化は、一部のITX基盤においてメモリと接触するなどの記載を読みましたが、今回使用したFM2A88X-ITXではギリギリセーフでした。ただ、取り付け方によっては接触するので、CPUクーラーを固定する際には、少しだけメモリから遠ざけるようにしないと接触する可能性は否定できません。

あっ、そういえばCPUクーラーのファンケースの部分が"AMD"と光るようですが、写真に撮っていませんでした。撮影しておかないとね(笑)。

とりあえず、AMD A10-7890K搭載PCは、稼働し始めました。近いうちに、ブルーレイを再生させたりして負荷をかけて、CPUの状況を確認してみたいと思います。ちなみに、けーむはしない予定なので、そういったテストの予定はありません。

だけど、貰えるものはとりあえず貰っておこう、ということで、「AMD APUでシューティング」キャンペーンだけは応募しておかないといけないですね。忘れてました(笑)

また、PCの様子をみて、どんな感じかレポートするかも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »