« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

間もなくAMDが新CPUの"Zen"発表

今日届いたメールを確認していたら、AMDから届いたものがありました。いよいよZenが発表されるようですね。登録したら、12月13日にプレビューが見れる?ようなメッセージのメールでした。

Amd_zen


ずっと以前は、AMDはIntelと張り合っていた時代もありましたが、今はIntelに圧倒的に推されていてるのが現状。

だけど、私はAMDのCPUはIntel同様に好きです。IntelのCPUと同様に使いたい人です(笑)

これまで、AMDのCPUは・・・Athlon(サンダーバード)が初めてPCを自作したときのCPUでした。その後は、Duron、Sempronに続いて、AthlonIIやPhenom、最近は、Aシリーズ(A10だけですけどね)も使ってきて、PhenomII、A10は今も稼働中。

そして、噂はされてきていましたが、いよいよ来年の第一四半期にZenが登場するということで、楽しみにしています。

とりあえず、プレビューが見れるように登録をしておくつもりです。

楽しみだな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

サーバー用にVGAカード購入

近いうちに新しいサーバーを組み立てようと計画していることから、この度、VGAカードを買いました。

ELSA製 ENVS310-512ER

Nvs310x16_01

写真の製品ですが、サーバーOS用のドライバーも提供されており、デュアルモニタに対応した製品。出力がDPが2個のようですが、DVIへの変換ケーブルも付属しているようなので、液晶は手持ちで行けそうです。また、最大消費電力も19.5Wという今どきでは貴重なカードだと思います。

今回は、偶然にも某インターネットショップの特売で発見したので、とりあえず1個購入しました。特売ということだったので、1個しか購入できませんでしたが、また、この商品が登場したら、個人出来には再購入しておきたい製品です。

サーバーだから、オンボードでもいいのですが、CPUに画像出力機能がない場合は、VGAカードが必要になることからの購入です。モニター画面に映ればいいだけだし、低消費電力のカードは最近は少なくなってきているので、今回購入した製品はお手頃だと思っています。

あとは、CPU、マザーボード、RAMが必要だなぁ・・・。

ここから費用が嵩むところなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

PCは値上がりするかも?

アメリカの大統領選挙が終わって、外国為替は一瞬だけ円高になるかと思われましたが、今は全く逆の円安に傾いてしまってます。1ドルが104円前後で推移していたと思っていたら、今日は1ドルが113円ぐらいだったかな。あっという間に、1割近く円安になってしまってます。

基本的な部品は輸入となるPCなので、この円安の影響をまともに受けることになると思っています。ただ、一時的な円安であって、また元に戻るのであれば影響は一時的だと思いますが、円安がこのままだったり、もっと円安になると値上がりになることは必至。過去にもこういうことはあったので、ちょっと不安かな。

来年あたりには、Intel、AMD共に新しいCPUを出してくるみたいだけど、新製品という事で決して安くはないと思う。グラフィックを左右するVGAカードも決して安くはありませんし、高性能化と共にローエンド製品も1万円では買えない状態。メモリもメーカーが価格調整のため、生産調整を行えば当然のことですが、品上になって値上がりは見えてます。過去に総数のは何度も見てきましたからね。

そうなってくると・・・

円安 = PC値上げ

という公式は否定できないですよね。

一時的な円安で済むのか、それとも、もう少し円安が進むのか要注意かもしれません。

サーバー用途で1台組み立てたいんだけど、速攻でパーツ類を購入しておくか、それとも、もう少し様子見か検討中。

円安傾向は、輸出企業にとってはメリットが大きいのですが、そのほかの企業や国民にとっては不利益だと感じているのは私だけかな?

困ったことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

VGAカードは高性能・高価格化

パソコンの画面表示性能を向上させようとすると、VGAカードが必要になりますが、だんだんと高価格化してきるから、懐が痛いなぁ。

パソコンの自作を始めて約20年ほどになりますが、当時は数千円~二万円を支払えば、けっこう良いVGAカードが購入できたように記憶しています。ふと思うと、初めて使用したVGAカードは、Matrox製Milleniumでした。いくらだったか覚えてませんが、当時は人気あるVGAカードでした。これを書いていて、懐かしいなぁ~、と思ってました(笑)

その後は、ATI製やnVidia製が主流になっていったように思います。少し異色に感じたのが、SiS製のVGAカードだったかな。今どきのような数万円~10万円を超えるコンシューマー向け製品は、そう沢山は無かったように記憶しています。

だけど、今は、ローエンドでも最新版であれば一万円を超えており、ハイエンドは10万円を超える製品もゴロゴロしている状態。パソコンのCPUが高性能化するにつれて、VGAカードも高性能化しているのですが、価格も正比例している状態。正比例するのは理解できるのですが、もう少し緩やかな上昇にならないのかなぁ。

最近、PCを自作してもローエンドの製品に手を出すのが精一杯な状態。これまでに購入したVGAカードで一番高価なものでも、1万円台半ばあたり。まぁ、このクラスで私の用途には十分かもしれませんが、ローエンドがこの価格帯になると、この先は、どうなるんだろう?という感じ。

もう少し価格が下がってほしいと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

とりあえず順調に稼働中

先月の記事で、OSの再インストールになってしまったPCですが、とりあえず順調に稼働しています。再インストールの原因となったOEM版のMediaSuite(CyberLink)はインストールしないことにしました。

ディスクライティングソフトは、個人的に好きなNeroをインストールしました。こちらは問題ありません。

ふと思いついて、WEI値を測定してみることにしました。

Windows8.1なので、コマンドラインからの実行になるのは、面倒だなぁ~、と感じています。

CPU     7.7
RAM     8.1
VGA     7.5
DISK    8.5

こんな感じです。

Windows7の時とは最高値が変わっているから、単純に比較できませんが、そこそこのPCになっているものと思います。

ちなみにPCのスペックは次の通り。

CPU    Intel Core i3-6320
RAM    16GB(8GBx2)/DDR4
M/B    Gigabyte H170N-Wifi
DISK1  Samsung 750EVO 250GBx2(Raid-1)
DISK2  Seagate ST1000NC001
VGA    nVidia GeForce GT740

CPUは、2コア4スレッドですが、クロックが3.9GHzということで、意外と速いかな?と思ってます。重い処理をするわけではないので、仕事用にはお手頃かも。

今回も、起動ディスクはSSDによるRAID-1にしていまが、今回はSSDの領域をフルに使用していません。次の理由がありますが・・・

・コンシューマー向けSSDであること
・保証期間が3年
・TBWが70TB

本当の狙いは、某大手メーカー(HP)のホームページで読んだ技術記事によると、空き領域を確保しておくことで、使えなくなったセルのリプレースができることから、実質的な耐久性(寿命)が向上するという記事。

初めての試みでもありますが、仕事で使用することから耐久性を上げておかないといけないし、エンタープライズ向けのSSDは高価なので、なかなか手が出ません。

今回使用したSSDは、メーカー的にはRAIDを構成することを想定していないでしょうから、より安全性を求めるための策です。ただ、フルに使用しないことは、だんだんと広まりつつあるのかな???

いい結果が出るといいんだけど・・・。

長期にわたって使えることを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »