« とりあえず順調に稼働中 | トップページ | PCは値上がりするかも? »

2016年11月17日 (木)

VGAカードは高性能・高価格化

パソコンの画面表示性能を向上させようとすると、VGAカードが必要になりますが、だんだんと高価格化してきるから、懐が痛いなぁ。

パソコンの自作を始めて約20年ほどになりますが、当時は数千円~二万円を支払えば、けっこう良いVGAカードが購入できたように記憶しています。ふと思うと、初めて使用したVGAカードは、Matrox製Milleniumでした。いくらだったか覚えてませんが、当時は人気あるVGAカードでした。これを書いていて、懐かしいなぁ~、と思ってました(笑)

その後は、ATI製やnVidia製が主流になっていったように思います。少し異色に感じたのが、SiS製のVGAカードだったかな。今どきのような数万円~10万円を超えるコンシューマー向け製品は、そう沢山は無かったように記憶しています。

だけど、今は、ローエンドでも最新版であれば一万円を超えており、ハイエンドは10万円を超える製品もゴロゴロしている状態。パソコンのCPUが高性能化するにつれて、VGAカードも高性能化しているのですが、価格も正比例している状態。正比例するのは理解できるのですが、もう少し緩やかな上昇にならないのかなぁ。

最近、PCを自作してもローエンドの製品に手を出すのが精一杯な状態。これまでに購入したVGAカードで一番高価なものでも、1万円台半ばあたり。まぁ、このクラスで私の用途には十分かもしれませんが、ローエンドがこの価格帯になると、この先は、どうなるんだろう?という感じ。

もう少し価格が下がってほしいと思う今日この頃です。

|

« とりあえず順調に稼働中 | トップページ | PCは値上がりするかも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173889/64506719

この記事へのトラックバック一覧です: VGAカードは高性能・高価格化:

« とりあえず順調に稼働中 | トップページ | PCは値上がりするかも? »